サイトポリシーおよび管理人からのご挨拶

ポートレート「風の旅」へようこそ! 管理人の広沢です。私は出版業界のライター 兼 編集者です。
専門分野は社会科。大人向きにはビジネス誌やニュースサイトに政治・経済・法律などの解説を書いたり、子ども向きには学校の授業で使う資料集や、図書館の子どもの本のコーナーに置かれているような学習書などをつくってきました。

旅のサイトは、「道楽」です。世の中にパソコンが普及し始めた頃、職業柄、「インターネットの情報発信って、どんなものなのだろう?」と興味を持って、「京都観光街めぐり」というサイトを立ち上げたのが、始まりです。また、その7、8年後に立ち上げた「鎌倉 風の旅」というサイトもあります(これらのサイトはスマホに対応していないため、いずれ本サイトに統合するつもりです)。

当時から「いつか全国の旅サイトをやってみたいな」という気持ちはありました。
しかし、そのためには気が遠くなるような量の原稿を書かなければなりません。プロのライター・編集者といえども、簡単にできることではありません。

それでも「何とかやってみよう」と重い腰を上げたのは、たぶん父親の影響だと考えています。
私の父は観光バス会社に勤めており、営業マンや添乗員としてしばしば出張し、そのたびにお土産を買ってきてくれました。

私が幼かった1960年代というのは、街にスーパーができただけで話題になった時代です。コンビニで気軽にスイーツを買える現代とは違いますから、お土産のお菓子は本当に嬉しかったものです。
そんな私は「観光」という言葉を、毎日繰り返し聞かされて育ち、中年になった今、刷り込まれたものが出てきているようです。

そういうわけで、このサイトは商用サイトではなく、個人運営の趣味のサイトに過ぎませんが、技術的には一応プロの手になるものです。

本人が楽しみながらつくっている分、読みやすく、使いやすくできたのではないかと思っています。

といっても、全国の観光地のコンテンツすべてを一度につくるのは、無理。
ランダムに手をつけて、完成したページから順にアップしていきますので、「お気に入り」に入れて、時々訪問して頂けると嬉しいです。

●本サイトのご利用について

◎本サイトの情報はあくまで「参考」程度のものです。観光地あるいは観光ポイントの状況は変化しますので、ご利用は各ユーザーの責任に基づいて行うものとさせて頂きます。

●著作権に関する注意

◎本サイトのコンテンツについては、著作権が発生します。

●掲載画像について

◎私が撮影した写真、制作した画像の著作権は、私にあります。また、イラストの著作権は、各イラストレーターにあります。

◎本サイトではphotolibraryやPIXTAなどの画像販売サイトの画像を多用しています。
有料の画像を無断で転載すると、元の権利保持者との間で訴訟問題に発展することもあり得ますので、ご注意ください。

◎ウィキペディアでは画像・文章の引用を公式に許可しているため、画像をお借りしています。

●連絡先

管理人:広沢大之助
〒253-0054 神奈川県茅ヶ崎市東海岸南5-2-8
メルアド:einfo9★mbr.nifty.com
(★を@に変えてください。迷惑メール防止用です。)

1962年、佐賀県嬉野市生まれ。鹿島市で幼少期・少年期を送りました。曾祖父が浄土宗のお寺の住職をしており、すでにお弟子さんのお弟子さんがおられる時代でしたが、狭い田舎のこととてお寺とのつき合いは深く、よく本堂に上がり込んで遊んでいました。「ご先祖は京都の知恩院で学問をしてきたのだよ」と言われて育ったのが、今、京都や鎌倉の神社仏閣めぐりに結びついているのかも知れません。
また、童謡「故郷」に歌われているような美しい田園で、充実した子どもの時間を過ごしたことが、日本好きの心につながっているのかな、と思います。
小学校高学年から父の転勤により神奈川県茅ヶ崎市に移り、中央大学文学部哲学科を卒業。教育系出版社、教育系編集プロダクションを経て、2004年にフリーランスとして独立。
社会科とくに公民(政治・経済・法律)と地理を中心に、多数の書籍の制作に関わり、政治家、経済人、スポーツ選手、芸能人をはじめ、全国を走り回っての、農業・漁業・工業・伝統産業の継承者などへの取材は、数百件に上ります。
学研の「日本の地理」で、約15年に渡って、野を越え山を越え、北海道ではヒグマと遭遇しながら、全国の農業・漁業・工業・伝統産業や風物・祭りなどを取材してきた経験もあり、このサイトの制作にあたっては、「ああ、あの辺か」と思い出しながら、文章書きを楽しんでいます。
旅サイトのほかに、国民のためのための社会科を運営しています。


風の旅TOP(全国)

Copyright © 「風の旅」 All Rights Reserved.