博多湾岸には福岡ヤフオク!ドームや福岡タワーをはじめ、アミューズメントとエンタテインメントのスポットが目白押し。古代の奴国の王が後漢の皇帝からもらった金印を展示する福岡市博物館もあり、歴史の学習にも好適です。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

ホークスタウン

ヤフオク!ドーム

写真出典 wikipedia「ヤフオク!ドーム」

ヤフオク!ドーム福岡は福岡ソフトバンクホークスの本拠地であり、ヤフオク!ドームがスポーツのひとつの中心となっています。 ヤフオク!ドームではフィールドやロッカールーム、ブルペンなどをめぐる「ヤフオクドームツアー」が人気。鷹観世音大菩薩やホーク1世、恋が実るポストなどが見どころとなっています。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「唐人町」駅から1km。
◎バス停「九州医療センター前」から50m。
◎バス停「ヤフオクドーム前」から450m。
【TEL】092-847-1006
【住所】福岡市中央区地行浜2‐2‐2
【時間】ショップや施設により異なる。
【HP】ヤフオク!ドーム

福岡タワー

福岡タワー福岡タワーは、福岡市制100周年を記念して1989(平成元)年に開催された「アジア太平洋博覧会( よかトピア)」のモニュメントとして建てられた海浜タワーです。海浜タワーとしては日本一の高さ全長234mを誇り、外壁は8000枚ものハーフミラーで覆われています。地上123メートルにある最上階に展望室があり、福岡市街とウォーターフロントを一望できます。

【アクセス】
◎JR博多駅バスターミナル5・6番乗り場からバスに乗り、「福岡タワー」下車。
◎地下鉄空港線「西新」駅から1.8km。
◎地下鉄空港線「西新」駅近くの「西新パレス前」からバスに乗り、「福岡タワー」下車。
【TEL】092-291-2951
【住所】福岡市博多区上川端町1-41
【時間】9:30〜22:00(入場は21:30まで)
【料金】展望階:大人800円・小・中学生および高齢者(65歳以上)500円・幼児(4歳児以上)200円
【休日】不定休あり、事前に確認のこと。
【HP】福岡タワー

シーサイドももち

シーサイドももち海浜公園

写真出典 wikipedia「シーサイドももち」

シーサイドももちシーサイドももち海浜公園は百道浜にある人工ビーチです。 長い砂浜が続いて大都市博多のオアシスとなっており、ビーチバレーなどのスポーツや、夏には海水浴を楽しむことができます。海岸の中央部にはマリゾンというプロムナードがあり、結婚式場やレストランも設置されています。砂浜からは福岡タワーやヤフオク!ドームが見えて、景色もなかなかです。

【アクセス】
◎JR博多駅バスターミナル5・6番乗り場からバスに乗り、「福岡タワー南口」下車、300m。
◎地下鉄空港線「西新」駅から2km。
【TEL】ー
【住所】福岡市早良区百道浜2-901
【時間・料金・休日】自由
【HP】福岡市海浜公園 海っぴビーチ

福岡市博物館

福岡市博物館歴史の教科書でおなじみの、古代に奴国の王が後漢の光武帝から賜った金印をはじめ、黒田藩に関する資料を数多く所蔵・展示している博物館です。常設展のほか、さまざまな企画展が開催されます。

【アクセス】
◎博多駅・天神からバスに乗り、「博物館北口」か「博物館南口」で下車。
◎地下鉄空港線「西新」駅からバスに乗り、「福岡タワー南口」で下車。
◎地下鉄空港線「藤崎」駅からバスに乗り、「博物館北口」か「福岡タワー南口」で下車。
【TEL】092-845-5011
【住所】福岡市早良区百道浜3-1-1
【時間】9:30〜17:30(入館は17:00まで)
【料金】展覧会により異なる。
【休日】月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月4日
【HP】福岡市博物館

ベイエリアのショッピングモール

ベイサイドプレイス博多

写真出典 wikipedia「ベイサイドプレイス博多埠頭」

ベイサイドプレイス博多ベイサイドプレイス博多は、博多埠頭に位置する総合ショッピングビルです。地上70mの展望室から海を見渡せる博多ポートタワー、博多港の歴史や役割について学べる博多港ベイサイドミュージアム、新鮮な魚介類や野菜が集まる湾岸市場、スーパー温泉の波葉の湯などから成ります。約3000匹の魚が泳ぐ大型水槽は、小さな水族館並みなのに無料で、家族連れに大人気。
港からは壱岐・対馬・五島列島へ向かう船や海ノ中道・志賀島をめぐる遊覧船が発着します。

【アクセス】
◎博多駅から:西鉄バス88番に乗り、「国際会議場」下車。または、西鉄バス99番に乗り、「博多ふ頭」下車。
◎キャナルシティ博多から:西鉄バス80番に乗り、「国際センター」下車。または、西鉄バス46番に乗り、「博多ふ頭」下車。
◎天神から:西鉄バス55番に乗り、「国際センター」下車。または、西鉄バス90番に乗り、「博多ふ頭」下車。
【TEL】092-281-7701
【住所】福岡市博多区築港本町13-6
【時間】店舗や施設により異なる。
【HP】ベイサイドプレイス博多

マリアノシティ福岡

はかたマリアノシティ福岡約170ものショップが集まる、九州最大級のアウトレットモールです。ファッション、インテリアのショップの他、アミューズメント施設も充実。福岡市からのアクセスも良好です。観覧車がランドマークとなっており、ゴンドラからは博多湾の美しい景色を楽しめます。

【アクセス】
◎博多駅から:西鉄バス303番(天神経由)、または西鉄バス9番(薬院・六本松など経由)に乗り、「マリアノシティ福岡」下車。
◎博多駅から:地下鉄空港線で「姫浜」駅南口に出て、昭和バスに乗り、「マリアノシティ福岡」下車。
◎天神から:西鉄バス303番(天神経由)、または西鉄バス9番(薬院・六本松など経由)に乗り、「マリアノシティ福岡」下車。
◎天神から:地下鉄空港線で「姫浜駅」南口に出て、昭和バスに乗り、「マリアノシティ福岡」下車。
◎ヤフオク!ドームから:西鉄バス303番(天神経由)、または西鉄バス9番(薬院・六本松など経由)に乗り、「マリアノシティ福岡」下車。
【TEL】092-892-8700
【住所】福岡市西区小戸2-12-30
【時間】
ショップ10:00〜21:00
レストラン11:00〜23:00(L.O.の目安22:00/店により異なる
【HP】マリアノシティ福岡

ベイエリアの神社や史跡

香椎宮(かしいぐう)

香椎宮歴史はとても古く、仲哀天皇が熊襲を討って橿日宮で逝去したとき、神功皇后が天皇の霊を祀って祠を建てたのが始まりとされています。また、神功皇后と子どもにあたる応神天皇も合祀されています。
社前には神木の綾杉が立ち、本殿裏手の飛び地には、毎年正月に朝廷に献上された「不老水」が湧いています。今でも、正月にはこの不老水で甘酒がつくられ、参拝客に振る舞われています。

【アクセス】博多から:JR鹿児島本線に乗って「香椎」でJR香椎線に乗り換え、「香椎神宮」下車、500m。
【TEL】092-681-1001
【住所】福岡市東区香椎4-16-1
【料金】境内への立入自由(志納)
【時間】
4月〜9月 5:00〜18:00
10月〜3月 6:00〜18:00
【HP】香椎宮

筥崎宮(はこざきぐう)

「博多町家」ふるさと館大分県の宇佐八幡宮、京都府の石清水八幡宮とともに日本三大八幡宮に数えられる名社で、筥崎八幡宮とも呼ばれます。奈良時代の759(天平宝字3)年に創建されたのち、鎌倉時代に元寇により焼失。その後、亀山上皇が社殿を造営し、1275(健治元)年に工事が完了すると、「敵国降伏」の文字を37枚書いて奉納しました。現在も楼門に「敵国降伏」の額がかかっています。
その後も何度か火災にあったものの、大内義隆により本殿と拝殿が、小早川隆景により楼門が、黒田長政により鳥居が造営され、それぞれ国の重要文化財となっています。
社地内には多くの歌人に詠まれた名松の「筥松」や、元の軍船に何らかの形で使用されていた可能性がある「蒙古碇石」などがあります。年間行事では1月3日に玉を奪い合って豊漁豊作を願う「玉せせり」がよく知られており、また9月の「放生会」には屋台が並びます。

【アクセス】。
【TEL】092-681-1001
【住所】福岡市東区香椎4-16-1
【料金】境内への立入自由(志納)
【時間】
4月〜9月 5:00〜18:00
10月〜3月 6:00〜18:00
【HP】筥崎宮

生(いき)の松原と今津長浜の元寇防塁

元寇防塁博多湾に開けた弓上の海岸は松林が多く、あちこちで白い砂浜と緑色の松が美しいコントラストを成しています。生の松原はそのひとつで、古代の昔、神功皇后が三韓征討の際、松の枝を浜に刺して戦勝を祈願したところ、不思議にも根づいたという伝説に由来しています。ただし、近年では中国や朝鮮半島から流れてくるゴミが多く、単純に風光明媚とは言えません。
それでも行く価値があるのは、元寇の防塁跡が残っているからです。
元は1274(文永11)年1と1281(弘安4)年の2回にわたって攻めてきました。1回目の文永の役で、鎌倉幕府の武士たちは騎馬戦隊を使いこなす元軍を相手に苦戦しましたが、夜、元軍が船に引き上げたあと、台風が来て、元軍は船もろとも沈みました。そのあと石塁を築いて2回目の襲来に備えた跡が今も残されています。なお、ここのほかにも、元寇防塁が残っている場所もあります。

【アクセス】博多から:地下鉄空港線で「姫浜」駅まで行き、JR筑肥線に乗り換え、「下山門」下車、450m。
【HP】元寇防塁(生の松原地区)

海の中道・志賀島

海の中道海浜公園

海の中道海浜公園海の中道は、博多湾の北部を囲むように突き出た、全長約8kmにおよぶ砂州の半島で、先端が丸くふくらんで志賀島となっています。海の中道海浜公園は半島の中ほどに位置する、広大な水辺の公園です。プールではチューブの中を滑り降りるドラゴンス ライダーが人気で、夏はとてもにぎわいます。また、遊具「くじらぐも ふわんポリン」はつるつるする斜面を登って、飛び跳ねたり滑ったり、小さな子どもたちに大人気。家族旅行での息抜きにピッタリです。

【アクセス】
◎博多から:JR鹿児島本線に乗り、「香椎」でJR香椎線に乗り換え、「海ノ中道」または「西戸崎」で下車すぐ。
◎博多ふ頭・シーサイドももちから:高速船に乗り、「海の中道」で下船。
◎天神から:「天神郵便局前」から21または21Bの路線に乗り、「マリンワールド海の中道」で下車。
【TEL】092-603-1111
【住所】福岡市東区大字西戸崎18-25
【料金】大人(15歳以上)410円・小人(小・中学生)80円・小学生未満無料・シルバー(65歳以上)210円/その他、施設により有料。
【時間】
3月1日〜10月31日9時30分〜17時30分
11月1日〜2月末日9時30分〜17時00分
【休日】12月31日・1月1日・2月の第1月曜日とその翌日/ほか自然災害時など
【HP】海の中道海浜公園

マリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道「対馬暖流」をテーマに、熱帯から温帯を経て寒帯へ至る海域に生息する魚などの生き物、約350種類2万点を展示する水族館です。イルカ・アシカショーや巨大なシロワニが泳ぐパノラマ大水槽も人気となっています。パノラマ大水槽には2万匹のイワシの群れや20種100匹のサメをはじめ、約80種2万匹以上の魚が回遊して、圧巻の迫力があります。

【アクセス】
◎JR香椎線「海ノ中道」から450m。
◎「天神郵便局前」からバスに乗り、「マリンワールド海の中道」で下車、400m。
【TEL】092-603-0400
【住所】福岡市東区大字西戸崎18-28
【料金】大人2160円・中学生1180円・小学生820円・幼児570円
【時間】9:00〜17:30(夏期は21:30まで延長あり)
【休日】2月の第1月曜日とその翌日
【HP】マリンワールド海の中道

志賀島

写真出典 http://ur0.biz/xBi1

志賀島金印公園奴国の王が後漢の光武帝から賜った金印が発見されたことで知られる、海の中道とつながった小さな島です。島内には金印公園、蒙古供養塔、しかのしま資料館、潮見公園、志賀海神社などがあり、周囲は約11kmなので全体を見ようとすれば車が必要ですが、港周辺なら歩いてまわることも可能です。

【アクセス】
◎博多港から:福岡市営渡船に乗り、「志賀島」下船(約30分)
◎海の中道から:西戸崎港から福岡市営渡船に乗り、「志賀島」下船(約15分)、またはタクシーを利用。
※車が便利です。

博多湾に浮かぶ離島

能古島(のこじま)

写真出典 wikipedia「能古島」

「能古島博多湾岸から海上を眺めると、海上に浮かぶ島があります。それが能古島です。南北に長いひょうたん型をしており、四季折々の花が咲き、釣りや潮干狩り、海水浴や万葉歌碑めぐりなどを楽しむことができます。小さな宿もあり、のんびり過すのも一興です。

【アクセス】博多から:地下鉄空港線で「姪浜」駅に出て、北口からバスに乗り、「能古渡船場」下車。フェリーに乗る。
※現地では、港に隣接する「のこの市」で、レンタサイクルを借りることができる。
【HP】能古島アイランドパーク

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

ヤフオク!ドーム  福岡タワー  シーサイドももち海浜公園  福岡市博物館  ベイサイドプレイス博多  マリアノシティ福岡  香椎宮  筥崎宮  元寇防塁  海の中道海浜公園  マリンワールド海の中道  志賀島  能古島  

「風の旅」のトップページへもどる 「福岡観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 福岡観光 風の旅 > 観光スポットが集まる博多ベイエリア

風の旅 福岡観光風の旅