中洲は博多の中でも櫛田神社など歴史的な神社仏閣が残るとともに、屋台やネオンの街としても知られています。最近は若者向けのおしゃれなショップも集まっています。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

ショッピングとアミューズメント

キャナルシティ博多

写真出典 wikipedia「キャナルシティ博多」

キャナルシティ博多キャナルシティ博多は、約43000平方mもの広大な敷地に、約270ものショップ、映画館、劇場、レストラン、ホテルが集まった大型商業施設です。サウスビル、ノースビル、イーストビルとその間をつなぐセンターウォークから成り、センターウォークにはラーメンの名店が集まる「ラーメンスタジアム2」があります。
ファッションの感度も高く、若者たちが集まるほか、中高年向けのものも揃えられており、九州土産のショップもあり、幅広い層がそれぞれに楽しむことができます。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から550m。
◎地下鉄空港線「中洲川端」駅から600m。
◎JR「博多」駅から900m。
【TEL】092-282-2525
【住所】福岡市博多区住吉1-2
【時間】
ショップ 10:00〜21:00
レストラン11:00〜23:00
【HP】キャナルシティ博多

 中洲の神社仏閣

櫛田神社

写真出典 wikipedia「櫛田神社」

櫛田神社社伝によれば創建は757年(天平元)年という歴史ある神社で、古くから博多の鎮守の神として信仰されてきた神社です。『太平記』には1333(元弘3)年、菊池武時が鎮西探題北条英時を攻めたときの記述があり、それによれば社殿の前で馬が止まってしまい、腹を立てた菊池武時が社殿に向かって大鏑矢を射たところ、ようやく馬が歩き出し、あとで見ると大蛇が矢に当たって死んでいたということです。
敷地には本殿や拝殿のほか、能楽堂や絵馬堂などがあり、神木とされる「串田の銀杏」が立っています。
5月の博多どんたく、7月の博多祗園や山笠、10月の博多おくんちといった福岡市の代表的な行事は、この櫛田神社を中心に行われます。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から300m。
◎地下鉄空港線「中洲川端」駅から450m。
◎JR「博多」駅から1km。
【TEL】092-291-2951
【住所】福岡市博多区上川端町1-41
【時間・料金・休日】入場自由。ただし、お守り売り場は原則として日中。

聖福寺

写真出典 wikipedia「聖福寺」

聖福寺1195(建久6)年、源頼朝により創建されたと伝わる臨済宗の古刹です。日本で最初の禅寺とも言われ、後鳥羽上皇から「扶桑最初禅窟」の勅額を受け、関西の第一山と称せられました。
室町時代に兵火により焼失後、1568(永禄11)年に耳峰により再興され、1587(天正15)年、小早川隆景により土地の寄進を受け、仏殿、総門、法堂などが建立されました。境内はとても広く、立ち並ぶ堂宇は禅寺の伽藍形式がよく保たれ、全域が国の史跡に指定されています。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から400m。
◎地下鉄空港線「呉服町」駅から550m。
【TEL】092-291-0775
【住所】福岡市博多区御供所町6-1
【時間】日中
【料金】ー
【休日】ー
【HP】聖福寺

東長寺

写真出典 wikipedia「東長寺」

東長寺空海により、大同年間(806〜810年)に開山されたと伝わる真言宗の古刹です。日本で最初の密教の霊場であり、創建後、寺運は隆盛を極めていました。 しかし、永禄・天正の兵火により堂宇のほとんどが焼失して荒廃。その後、近世になって福岡藩2代目藩主の黒田忠芝が寺禄300石と寺領15万坪を寄進し、現在の場所に再興されました。 現在。広い境内に歴史の重みを感じる堂宇が並び、千手観音立像は国指定の重要文化財となっています。また、木造仏としては日本最大の福岡大仏が安置され、多くの参拝客が訪れる観光名所となっています。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から100m。
◎JR「博多」駅から650m。
【TEL】092-291-4459
【住所】福岡市博多区御供所町2-4
【時間】9:00〜17:00
【料金】ー
【休日】ー

中洲の下町を楽しむ

博多川端商店街

写真出典 wikipedia「川端通商店街」

博多川端商店街博多川沿いの約400mの道に100軒以上の店が並ぶ商店街で、生活用品のほかにお土産に好適な伝統工芸品の店や甘味どころもあります。昔から博多の人々に親しまれてきた店が集まっており、どこかレトロで懐かしい雰囲気が漂っています。商店街の上部はアーケードで覆われており、雨風の影響を受けずに買い物を楽しむことができます。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から450m。
◎地下鉄空港線「中洲川端」駅からすぐ。
【TEL】092-281-6223(上川端商店街振興組合)
【住所】福岡市博多区上川端町6-135(同上)
【時間】店舗により異なる。
【HP】上川端商店街振興組合

はかた伝統工芸館

はかた伝統工芸館博多織や博多人形、博多曲物など、福岡や博多で受け継がれてきた伝統の技による工芸品を展示しています。1階は企画展示室やカフェなどがあり、特別展などが行われます。また、2階は常設展示室となっています。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から450m。
◎地下鉄空港線「中洲川端」駅から400m。
【TEL】092-409-5450
【住所】福岡市博多区上川端町6-1
【料金】無料
【時間】10:00〜18:00(入館は17:30まで)
【休日】水曜(祝日の時は翌日) 12月29日〜31日
【HP】はかた伝統工芸館

「博多町家」ふるさと館

「博多町家」ふるさと館明治時代中期の町家を移築してつくったミュージアムです。明治・大正時代を中心に博多の暮らしを紹介しており、1階では博多の歴史や文化に関することを、2階では商家に伝わる民具の展示や博多の伝統工芸品の実演を見ることができます。建物は福岡市の指定文化財となっています。また、土産品も買うことができます。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から350m。
◎地下鉄空港線「中洲川端」駅から600m。
【TEL】092-281-7761
【住所】福岡市博多区冷泉町6-10
【料金】大人200円 小・中学生無料
【時間】10:00〜18:00(入館は17:30まで)
【休日】12月29日〜31日
【HP】博多町家」ふるさと館

中洲の屋台で一杯

中洲の屋台

写真出典 食べログ「かじしか」

中洲の屋台中洲には、那珂川や博多側周辺に屋台が数多く点在しています。夕食代わりによし、夕食はほかでしっかり食べから、ちょい飲みでもよし。近年では女性でも気軽に入る人が増えています。

【アクセス】
◎地下鉄空港線「祗園」駅から博多川・那珂川へ向かう。
※下の地図で「屋台」と表示のある付近にある。場所によっては、何軒も並んでいる。
【時間】店舗により異なる。19:00くらいから12:00過ぎまで開いている店が多い。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

キャナルシティ博多  櫛田神社  聖福寺  東長寺  博多川端商店街  はかた伝統工芸館  「博多町家」ふるさと館  

「風の旅」のトップページへもどる 「福岡観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 福岡観光 風の旅 > 川沿いに広がる神社と屋台の街、博多中洲

風の旅 福岡観光風の旅