厚岸と霧多布は、釧路と根室の間に位置する静かな地域です。とくに目立つ観光ポイントもありません。しかし、車やバイクで旅する人がちょっと立ち寄る程度だからこそ、手つかずの北海道の自然を楽しむことができます。

厚岸と霧多布の観光ポイント

厚岸湖

厚岸湖厚岸湖は、厚岸湾に抱かれた湖です。西側の幅400mほどの口で海とつながっており、汽水であるため、海の魚と川の魚が同居しています。汽水を好む牡蠣が多く繁殖し、湖上には牡蠣の貝殻が積もってできた牡蠣島があります。牡蠣やアサリやノリの養殖が行われており、とくに牡蠣は名産となっています。
【アイカップ岬】JR厚岸駅から南へ進み、厚岸大橋をわたった先にある岬です。漢字では「愛冠岬」と書きます。厚岸道立自然公園の先に展望台があります。洋上には海鳥の繁殖地となっている大黒島などの島々が見えます。
【アヤメヶ原】太平洋に面した広い台地に、野生のヒオウギアヤメが密生し、花の季節には青紫に埋め尽くされます。見頃は6月下旬から7月にかけてですが、年によりズレはあります。

【アクセス】JR厚岸駅から600m。

霧多布湿原

霧多布湿原霧多布湿原は、浜中湾周辺に広がる湿原です。ワタスゲ、ヤチスゲ、ヒオウギアヤメ、エゾカンゾウなどの植物が繁茂し、夏から秋の初めにかけては、きれいなお花畑となります。

【アクセス】JR浜中駅から5km。

霧多布岬

霧多布岬霧多布湿原の南東に、太平洋に向かって突き出した小さな岬です。周辺にはハマナスやエゾカンゾウなどが多く、初夏には美しいハナが咲きます。アザラシが多く見られるため、アザラシの方言での呼び名をとって、トッカリ岬とも言います。

【アクセス】JR浜中駅から14km。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

厚岸湖  アイカップ岬  アヤメヶ原  霧多布湿原  霧多布岬

「風の旅」のトップページへもどる 「北海道観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 北海道観光 風の旅 > 静かな厚岸湖と霧多布湿原

風の旅 北海道観光風の旅