函館山周辺

関連ページ:函館の観光(1) 五稜郭・函館駅周辺とベイエリア

函館山

函館山函館山は、山の形が腹ばいになった牛に似ていることから臥牛山とも呼ばれています。

日米和親条約の締結後、ペリーが5隻の艦隊を引き連れて函館を訪問した際には、理由はよくわかりませんが「テレグラフヒル」と名づけられたこともあります。

標高は334mと低いものの、函館湾に突き出しているため眺望がよく、駒ケ岳や恵山、天気がよい日ははるか青森県の下北半島まで望むことができます。また、山頂から見る函館の街の夜景は香港やナポリの夜景とともに世界三大夜景と称えられ、ミシュランのガイドブックでも三ツ星を獲得しています。

かつて函館山には要塞が置かれ、50年以上も立ち入り禁止だったため、鳥類や昆虫、植物などの種類が豊富です。生き物や植物に興味がある方にとっても、なかなか魅力的なポイントとなっています。

ハートを探そう!

函館の夜景函館の夜景の中には、ハートが潜んでおり、愛する人といっしょに見つけると幸せになれると言われています。ハートマークではなく、カタカナの「ハート」であることに注意しながら、探してみてください。

自分で見つけることに価値がありますが、どうしても見つからずに降参する場合は、Googleの画像検索などで探せば見つかります。

【アクセス】
◎JR函館駅から登山バス(冬季運休)
◎函館山ロープウェイが山頂とふもとを結んでいます。

函館ハリストス正教会

函館ハリストス正教会函館山の西側の元町エリアには、江戸時代末期から明治時代以降に来日した外国人によって建てらてた古い洋館が並び、異国情緒の漂う街並みとなっています。ハイカラでどこかノスタルジーを感じる坂の街を歩いてみましょう。

函館ハリストス正教会函館ハリストス正教会はロシア領事ゴスケウィッツによって、1859年に領事館の附属聖堂として建てられた教会です。日本で最初にロシア正教が伝道され、1861(文久元)年に来日した司祭カサーツキン・ニコライが、東京神田のニコライ堂が建てられました。ニコライ堂の鐘はここから移されたもので、函館ハリストス正教会はいわばその先輩格にあたります。創建時の建物は1907(明治40)年の火事で焼失し、1916(大正5)年に再建された建物が、当時の面影を伝えています。なお、ハリストスとはキリストのことです。

【アクセス】
◎電停「十字街」下車、750m。

【時間】
平日 10:00〜17:00
土  10:00〜16:00
日  13:00〜16:00
【休日】無休だが不定休あり。

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂1910(明治43)年に建てられた木造2階建ての建物です。札幌の豊平館などとともに、当時最もモダンと言われ、現在では元町を象徴する建物のひとつとなっています。「ハイカラ衣装館」では、当時の貴婦人のドレスを着て、変身体験を楽しむことができます。

【アクセス】
◎電停「末広町」下車、450m。

【時間】
4月〜10月 9:00〜19:00
11月〜3月 9:00〜17:00
【休日】不定休。

観光 More Infomation

外国人墓地

箱館山の北側の函館港を見下ろす高台には外国人墓地があります。ペリーが来航した際、病死した水兵2人を葬ったのが始まりです。さまざまな形の墓石が並び、エキゾチックな雰囲気を醸し出しています。

湯の川周辺

トラピスチヌ修道院

トラピスチヌ修道院トラピスト修道会の女子修道院で、修道女が戒律を守って、牧畜や農耕などの労働をしながら信仰生活を送っています。資料展示室と聖ミカエルの像がある前庭の見学ができます。売店では素朴なおいしさのクッキーやバター飴、ロザリオなどを買うことができます。

【アクセス】
◎箱館バス旭ヶ丘中学校行きに乗り、「トラピスチヌ入り口」下車、650m。

【時間】
5月〜10月 8:00〜17:00
11月〜4月 8:00〜16:30
【休日】水曜日/12月30日〜1月2日

温泉温泉に泊まる

湯の川温泉

北海道で最も早期に開かれた温泉のひとつで、規模は北海道内でも有数です。塩化土類などを含む無色透明の泉質です。寒い季節にニホンザルが湯に浸かりに来るサル温泉もあります。

観光 More Infomation

碧血碑

箱館戦争のとき、官軍と戦った旧幕府軍の追悼のために建てられた碑です。土方歳三をはじめ816名が祀られています。 名は「孤忠の丹心三年にして碧血と化す」(忠義に殉じた者の血は、3年経つと緑色になる)という伝説がもとになっています。函館八幡宮の左奥の参道を数分登ったところにあります。

函館八幡宮

河野政通が1445年に館を建てたとき、守護神として祀ったのに始まると伝えられています。1859年に函館が開港後、江戸幕府の命によって函館の総鎮守とされました。

立待岬

函館山の東の端に位置する岬です。岬に至る道の途中の市営墓地の一番奥の右側に、石川啄木の墓があります。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

函館山  聖ハリストス正教会  旧函館区公会堂   外国人墓地   碧血碑  函館八幡宮  立待岬  トラピスチヌ修道院  湯の川温泉  

★以下は、函館の観光(1) 函館の観光(1) 五稜郭・函館駅周辺とベイエリアで紹介しています。★

五稜郭  四稜郭  函館朝市  金森赤レンガ倉庫  

「風の旅」のトップページへもどる 「北海道観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 北海道観光 風の旅 > 函館の観光(2) 函館山・湯の川温泉

風の旅 北海道観光風の旅