高徳院の山門を入る

仁王門高徳院の参道を歩いていくと、まず出会うのは仁王門です。

山号仁王門には、山号の「大異山」と書かれた額が掲げられています。

山門の仁王

左の仁王仁王門の中をよく見ると、その名の通り、仁王が立っています。

右の仁王右側にも仁王が立っています。

手水舎でお浄めを

手水舎左手にお清めのための手水舎があります。ただし、向こうに大仏が見えるので、手水舎に気づかず、大仏をめざして歩いていく人がほとんどです。

遠くに見える鎌倉大仏遠くに鎌倉大仏が見えてきました。

鎌倉大仏

鎌倉大仏近くに寄ると、さすがに大きいです。

蓮弁大仏の裏にまわると、蓮の花をイメージした4枚の蓮弁があります。江戸時代中期に台座を修復した際、32枚の蓮弁が並べられる予定でしたが、完成に至ったのは4枚だったそうです。

鎌倉大仏の胎内を見る

大仏の胎内大仏の胎内には、入ることができます。鍛造技術の一端を目にする貴重な機会です。

大仏の胎内を見る修学旅行生大仏の胎内は、修学旅行生や遠足の小中学生、観光客にも人気です。

大仏殿礎石・与謝野晶子の歌碑

礎石この平たい石は、創建当時、大仏殿を支えていた礎石です。礎石は、60基のうち56基が今も残されています。

与謝野晶子の歌碑裏の樹々の間に、与謝野晶子が鎌倉大仏を詠んだ歌碑が立っています。
「かまくらや みほとけなれど 釈迦牟尼は 美男におはす 夏木立かな」と刻まれています。

お守りの授与所・大わらじ

授与所こちらはお守りの授与所。お守りのほかに、大仏の写真集なども売られています。

大わらじ授与所のそばには、「全国をめぐって、人々を幸せに」という願いをこめて、茨城県の子ども会によって奉納された大わらじが掛けられています。

秋の鎌倉大仏と高徳院境内

秋の大仏こちらは秋の鎌倉大仏です。

すすき大仏前の境内のススキがいい雰囲気を出しています。

高徳院の紅葉

高徳院の紅葉紅葉はすごいというほどではありませんが、それでも秋はしみじみした風情となってきます。

売店前の紅葉売店前の樹も紅く染まっています。

【この観光名所を含む観光コース】

「長谷のお寺と神社をめぐる」の観光コースガイドへ

【隣接する観光コース】

「長谷南部:あじさいの名所、成就院周辺」の観光コースガイドへ

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

このページの名所:鎌倉大仏(高徳院)  
近隣の名所:光則寺  長谷寺  由比ケ浜  大仏切通し  

★隣接する「あじさいの名所、成就院周辺」の観光ポイント★

極楽寺  月影地蔵堂  成就院  星月の井  御霊神社  稲村ケ崎  

余白

風の旅TOP(全国)
鎌倉観光 風の旅

余白

【高徳院の観光情報】

●正式名称

高徳院清浄泉寺(こうとくいんせいじょうせんじ)

●宗派

浄土宗

●山号

大異山

●開基

不明

●開山

不明

●創建年

不明

●本尊

阿弥陀如来
正式名:銅造阿弥陀如来座像
通称:鎌倉大仏・長谷の大仏

●大仏の大きさ

像高:前側 11.36m/後側 11.47m
台座の高さ:1.99m
頭長:4.00m
奥行:11.45m
膝張:9.63m
目の長さ:0.94m
瞳の幅:0.27m
まゆ:1.21m
耳の長さ:左 2.00m/右 1.94m
あごひげの長さ:0.24m
鼻:長さ 0.79m/高さ 0.30m/幅 0.73m
鼻口径:0.09m
口幅:0.94m
白毫(びゃくごう)の径:
水平に 0.21m/高さ 0.18m
肉けい:高さ 0.18m/最大径 0.48m
親指の太さ:0.27m
重さ:約124t

●住所

〒248-0016
鎌倉市長谷4-2-28

●電話

0467-22-0703

●拝観料

大人・高校生・中学生200円
小学生150円
大仏胎内 20円

●見学に要する時間

15分〜40分ほど。
※原則として、閉門の30分前までに入場してください。

●拝観時間

4月〜9月 8:00〜17:30
10月〜3月 8:00〜17:00
大仏胎内 8:00〜16:30

●休日

無休

●駐車場

なし

●車いすによる拝観

可(身障者用トイレあり。)


【高徳院へのアクセス】

◎鎌倉駅東口、1番または6番のバス停からバスに乗り、「大仏前」下車。約200m。
◎鎌倉駅か藤沢駅で江の電に乗り換え、「長谷」駅下車、徒歩約700m。
◎JR「藤沢」駅南口1番バス乗り場から鎌倉方面行きで「大仏前」下車、200m。


【近隣のおもな名所】
長谷寺
光則寺
成就院

風の旅 鎌倉観光風の旅

Copyright © 「風の旅」 All Rights Reserved.