余白

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★エリア的に併せてめぐりやすい観光ポイントをまとめてありますので、チョイスしてください。また、めぐる順番はお好みで入れ替えてください。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

美しいお寺や仏像、神社のあるエリア

姫の前鎌倉宮周辺の略地図鎌倉宮周辺の略地図鶴岡八幡宮の北東のエリアを二階堂といいます。このエリアには、学問の神様の荏柄天神社、ご利益がうれしい鎌倉宮、仏像がすてきな覚園寺、庭がきれいな瑞泉寺が集まっています。
このコースめぐりのコツは、覚園寺の拝観時間(10:00、11:00、13:00、14:00、15:00/土日祝日は12:00もあり)に合わせて動くことです。
鎌倉宮から覚園寺までは、約650m。間に合いそうなら覚園寺へ向かい、逃してしまったときは先に瑞泉寺や鎌倉宮を見て、時間調整をするとよろしいですわ。

姫の前鶴岡八幡宮の北東のエリア・二階堂には、学問の神様の荏柄天神社、ご利益がうれしい鎌倉宮、仏像がすてきな覚園寺、庭がきれいな瑞泉寺が集まっています。
このコースめぐりのコツは、覚園寺の拝観時間(10:00、11:00、13:00、14:00、15:00/土日祝日は12:00もあり)に合わせて動くことです。
間に合いそうなら覚園寺へ向かい、逃してしまったときは先に瑞泉寺や鎌倉宮を見て、時間調整をするとよろしいですわ。

鎌倉宮周辺の略地図

【アクセス】JR鎌倉駅の4番のバス停から「大塔宮行き」に乗り、「天神前」で下車します。受験がなければ、荏柄天神社は省いてもよいでしょう。その場合は「大塔宮」で下車してください。

【このコースと併せてめぐりやすい観光コース】

鎌倉中心部:鶴岡八幡宮から荏柄天神社まで(歩こうと思えば、歩ける距離です。)
金沢街道沿いの美しい3つのお寺(「岐れ道」か「大御堂橋」のバス停からバスで。)

余白

コースガイド【距離】◆鎌倉駅ー荏柄天神社:約1700m(鎌倉駅からバスで「天神前」下車、約100m。)

荏柄天神社

荏柄天神社鎌倉を代表する学問の神様

平安時代後期の1104年、晴天の空が急に暗くなり、雷雨とともに黒い束帯姿の天神画像が降ってきたため、里人たちが社殿を建てたことに始まるとされます。
源頼朝によって鬼門(北東)の守護神とされました。学問の神様と言われる菅原道真を祀っているため、多くの受験生が訪れます。

荏柄天神社について、くわしく知る

【アクセス】JR「鎌倉」駅東口4番バス乗り場から「大塔宮行き」に乗り、「天神前」下車、120m。
【TEL】0467-25-1772
【住所】神奈川県鎌倉市二階堂74
【料金】境内無料
【時間】8:30〜16:30
【見学に要する時間】10分〜15分ほど
【休日】なし
【駐車場】なし
【HP】荏柄天神社

コースガイド◆荏柄天神社ー鎌倉宮:約350m

鎌倉宮(大塔宮)

鎌倉宮後醍醐天皇の皇子、護良親王をまつる

「建武の新政」で有名な後醍醐天皇の皇子、護良親王は新政に力を尽くしましたが、足利尊氏の謀反により囚われの身となりました。
明治天皇によって、その霊を祀るために創建されたのが鎌倉宮です。

鎌倉宮について、くわしく知る

【アクセス】JR「鎌倉」駅東口4番バス乗り場から「大塔宮行き」に乗り、「大塔宮」下車すぐ。
【TEL】0467-22-0318
【住所】神奈川県鎌倉市二階堂154
【料金】境内への立入自由(志納)/護良親王が幽閉されていた土牢と宝物殿は中学生以上300円、小学生150円。
【時間】
◎2月~11月 9:30〜16:30
◎12月~10月 9:30〜16:00
【見学に要する時間】15分〜30分ほど
【休日】無休
【駐車場】あり
【HP】鎌倉宮

コースガイド◆鎌倉宮ー覚園寺:約650m

覚園寺

覚園寺川端康成も愛した仏像・神像のお寺

北条義時が薬師堂を建立したのに始まります。門を入ると小さい庭となっており、その奥には広大な境内が広がっています。奥へ入るには有料で、決まった時間にお坊さんが案内してくれます。 お堂の中には、昭和のノーベル賞作家・川端康成も愛した美しい仏像と神像が数多く並び、梅やアジサイや紅葉もきれいです。味わいの深さでは鎌倉有数のお寺です。

覚園寺について、くわしく知る

【アクセス】「大塔宮」から650m歩く。タクシーを拾う場合は、鎌倉宮周辺で。
【TEL】0467-22-1195
【住所】神奈川県鎌倉市二階堂421
【料金】境内入口周辺:無料/境内奥:高校生以上500円、小・中学生200円
【時間】10:00、11:00、13:00、14:00、15:00。
※土日祝日は12:00もある。
【見学に要する時間】30分〜1時間ほど
【休日】雨天・荒天のとき/4月27日/8月1日〜31日/12月20日〜1月7日
【駐車場】なし(少数あるが、ほぼ檀家と来客用。)

コースガイド◆覚園寺ー(鎌倉宮)ー瑞泉寺:約1.7km

瑞泉寺

瑞泉寺四季折々に美しい、関東十刹の第1位のお寺

瑞泉寺は禅僧、夢窓国師によって創建されたお寺です。関東十刹(じゅっさつ)の第1位とされ、境内全域が国の史跡に指定されています。
岩の崖に洞を穿った天女堂は、荒々しさが魅力。広い境内には四季折々に花が咲き、「花の寺」とも言われています。

瑞泉寺について、くわしく知る

【アクセス】「大塔宮」から1km強歩く。タクシーを拾う場合は、鎌倉宮周辺で。
【TEL】0467-22-1191
【住所】神奈川県鎌倉市二階堂710
【料金】高校生以上200円、小中学生100円
【時間】9:00〜17:00
【見学に要する時間】30分〜1時間ほどほど
【休日】無休
【駐車場】あり
【HP】瑞泉寺

コースガイド◆瑞泉寺ー鎌倉宮:約1km(鎌倉宮前にバス停あり)

鎌倉宮横のバス停から「鎌倉駅行き」に乗れば、駅までもどれます。

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

荏柄天神社  鎌倉宮(大塔宮)  覚園寺  瑞泉寺  

「鎌倉観光 風の旅」のトップページへもどる 「風の旅」のトップページへもどる
風の旅 鎌倉観光風の旅

Copyright © 「風の旅」 All Rights Reserved.