天草は、リアス式海岸の美しい景観に恵まれています。漁業がさかんで、おいしい海の幸もいっぱい! 天草四朗時貞が率いた島原・天草一揆(島原の乱)や隠れキリシタンに関するミュージアムも、数多くあります。

【天草へのアクセス】

◎飛行機:阿蘇くまもと空港→天草空港(約20分)/福岡空港→天草空港(約35分)【HP】天草エアライン
◎電車+船:JR「熊本」駅→JR「三角」(約50分)/三角港→松島(前島/約20分)→本渡港(約35分)【HP】天草宝島ライン
◎バス:JR「熊本」駅→バスで「本渡バスセンター」(約2時間10分)→下田温泉(約40分)【HP】快速あまくさ号(産交バス)
◎自動車:九州自動車道「松橋IC」→本渡バスセンター(98km/約2時間)

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

タコ街道を行く

天草ありあけタコ街道

天草の干し蛸国道324号線の有明区間を、天草ありあけタコ街道と言います。 夏はたくさんの干しだこが風に揺れ、天草の風物詩となっています。

この付近の海岸を歩くと、タコ壷や漁網が積み上げられていて、天草らしい風情があります。周辺には、タコの慰霊碑などのモニュメントや、タコ料理のお店もあります。

【アクセス】本渡バスセンターから12km。
【TEL】0969-22-2243(天草宝島観光協会)
【住所】天草市有明町

道の駅有明「リップルランド」

画像:wikipedia「道の駅有明」

道の駅有明タコのモニュメント物産館に温泉までついた、大きな道の駅です。タコ焼きをはじめ、タコを材料とする料理が名物です。

受験生向けに、「置くとパス」というタコのぬいぐるみなども、販売されています。

巨大タコのモニュメントが撮影ポイント。道の駅の海側にあります。

【アクセス】本渡バスセンターから15km。
【TEL】0969-53-1565
【住所】天草市有明町上津浦1955
【時間】
◎物産館 9:00〜18:00
◎レストラン 10:00〜17:00
◎温泉 10:00〜21:30(受付は21:00まで)
【休日】年中無休
【駐車場】普通車150台、大型10台
【HP】道の駅有明「リップルランド」

天草の中心地、本渡(本渡)

天草切支丹館

画像:wikipedia「天草切支丹館」

天草切支丹館島原・天草一揆で使用された武器や踏み絵など、隠れキリシタンに関する資料約200点が展示されています。天草の中心地である本渡の裏山の殉教公園内にあります。

館内は「天草キリシタン史」、「南蛮文化の伝来と島原・天草一揆」、「乱後の天草復興とキリシタン信仰」に分れており、わかりやすく解説されています。

【アクセス】本渡バスセンターから1.8km。
【TEL】0969-22-3845
【住所】天草市船之尾町19-52(殉教公園内)
【料金】一般300円、高校生200円、小中学生150円
【時間】8:30〜18:00
【休日】12月30日〜1月1日

【駐車場】普通車8台、バス3台
【HP】天草切支丹館

祇園橋

画像:wikipedia「祇園橋」

祇園橋本渡市のほぼ中央、町山口川に架かる石橋です。正式には大石橋という名ですが、近くに祇園神社があるため、祇園橋で通っています。

江戸時代後期の1832(天保3)年に竣工し、砂岩の切り石によって構築され、全長28.6m・幅3.3mの橋は5本×9列=計45本の橋脚で支えられています。これほど脚の多い石橋は全国的にも珍しく、国の重要文化財となっています。
橋が架かるずっと前の1637(寛永14)年、島原・天草一揆が起こった際には、川を挟んでキリシタン一揆軍と唐津藩の討伐軍による死闘が繰り広げられましたが、今は何事もなかったかのような平和さです。

江戸時代初期の島原・天草一揆の際に川を挟んで戦いが行われ、江戸時代後期にこの橋が架けられました。国の重要文化財です。

【アクセス】
◎「中央新町」バス停から130m。
◎本渡バスセンターから1.1km。
【TEL】0969-22-2243(天草宝島観光協会)
【住所】天草市船之尾町

イルカたちの聖地へ

イルカウォッチング

画像:wikipedia「天草市」

イルカウォッチング天草市五和町の沖合の海は、潮の流れと海底の起伏によって、魚類の宝庫となっています。そのため、これを餌にするミナミバンドウイルカが数多く生息し、船でウォッチングができます。イルカ遭遇率は、驚きの高さ!

【アクセス】
天草ぐるっと周遊バスのツアーの中で、ここを含むコースを利用する。
◎本渡バスセンターから14.5km。
【HP】イルカマリンワールド
【HP】イルカクラブ
※どちらのショップも、ネット割引あり!

西海岸のキリシタンの街

天草コレジヨ館

天草コレジヨ館コレジヨとは宣教師の養成を目的とした神学校の最高学府のことで、天草コレジヨ館では、日本初の活版印刷による天草本、グーテンベルク印刷機や西洋古楽器の複製、南蛮船の模型などを展示しています。天正少年使節団の足取りをたどるビデオなども、見ることができます。

天草本の中には、『伊曾保(イソップ)物語』や『平家物語』のローマ字本などがあります。また、西洋古楽器は天正少年使節団が持ち帰ったものです。
なお、天草コレジヨ館には「世界平和大使人形の館」が併設されており、57か国から世界平和を願って届いた117体の人形を展示しています。民族色豊かで、見応えがあります。

【アクセス】
◎「運動公園前(河浦)」バス停下車すぐ。 本渡バスセンターから27.3km。
【TEL】0969-76-0388
【住所】天草市河浦町白木河内175-13
【料金】一般200円、高校生150円、小中学生100円
【時間】8:30〜17:00(入館は16:30まで)
【休日】12月30日〜1月1日
【駐車場】20台、大型3台(バスは隣接の運動公園駐車場)
【HP】天草コレジヨ館

崎津教会(海の天主堂)

崎津天主堂隠れキリシタンの里、崎津集落にある教会です。

この地域では1569(永禄12)年からルイス・デ・アルメイダ神父によってキリスト教の布教が行われ、信者を集めました。しかし、1587(天正15)の豊臣秀吉によるバテレン追放令で締めつけが始まり、1613(慶長17)年には、江戸幕府による禁教令が出され、それ以来、キリシタンへの弾圧は続きました。

現在の建物は、フランス人司祭ハルブ神父の希望で、かつて踏み絵が行われた庄屋宅跡に、1934(昭和9)年に建てられたもの。意外と新しいのですが、ゴシック様式の建物には荘厳な雰囲気がただよい、海のそばという立地もあって、見惚れるほどのすばらしさです。

堂内は畳敷きとなっているのも、雰囲気があります。

※見学には、申し込みが必要です。
【HP】世界遺産候補エリア内の教会見学は【事前連絡】をお願いします。

【アクセス】
◎バス:「富岡港(苓北)」→本渡バスセンター→「一町田中央」で乗り換え→「崎津教会入口」下車
天草ぐるっと周遊バスのツアーの中で、ここを含むコースを利用する。
◎本渡バスセンターから35.5km。
【TEL】0969-22-2243(天草宝島観光協会)
【住所】天草市河浦町崎津539
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
※冠婚葬祭の際は、入場はご遠慮ください。また、臨時休館することもあります。
【休日】とくになし。
【駐車場】教会にはないが、近隣に無料の駐車場がいくつかある。

大江天主堂

大江天主堂小高い丘の上に立つ清楚な教会です。ロマネスク式の石造りで、畳が敷かれ、窓には美しいステンドグラスがはまっています。

この辺りはキリスト教弾圧の時代にも隠れキリシタンが多く、現在の建物は、1932(昭和7)年、フランス人宣教師ガルニエ神父と信者たちが協力して建てたものです。

【アクセス】
◎バス:「富岡港(苓北)」→本渡バスセンター→「一町田中央」で乗り換え→「天主堂入口」下車
天草ぐるっと周遊バスのツアーの中で、ここを含むコースを利用する。
◎本渡バスセンターから39.6km。
【TEL】0969-22-2243(天草宝島観光協会)
【住所】天草市天草町大江1782
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
※冠婚葬祭の際は、入場はご遠慮ください。また、臨時休館することもあります。
【休日】月曜日(祝日の場合は翌日)、12月31日、その他臨時休館あり。
【駐車場】10台

天草ロザリオ館

天草ロザリオ館大江天主堂の近くに建つ、隠れキリシタンに関する資料を収集・展示するミュージアムです。観音様に似せたマリア像などがあります。3D画像は臨場感たっぷり! 町の風土や歴史について、生き生きと知ることができます。

併設の「天草玩具資料館」では、全国各地から集めた郷土玩具・民俗玩具を展示しています。

【アクセス】
◎バス:「富岡港(苓北)」→本渡バスセンター→「一町田中央」で乗り換え→「天主堂入口」下車
天草ぐるっと周遊バスのツアーの中で、ここを含むコースを利用する。
◎本渡バスセンターから39.2km。
【TEL】0969-42-5259
【住所】天草市天草町大江1749
【料金】一般300円、高校生200円、小中学生150円(天草玩具資料館も含む)
【時間】8:30〜17:00(入館は16:30まで)
【休日】12月30日〜1月1日
【駐車場】30台、大型3台
【HP】天草ロザリオ館

西海岸の自然美を訪ねて

妙見浦

妙見浦妙見浦天草西海岸を代表する奇岩の景勝です。

下田温泉付近から十三仏崎までの、約5kmの海岸一帯を指します。

海上に大きな穴の開いた妙見洞門などの島があり、周辺は奇岩や洞門が連なっています。妙見洞門は、小舟で潜り抜けることもできます。スキューバダイビングのスポットとしても、人気があります。

【アクセス】本渡バスセンターから29km。車道から海岸方向へ入ると、車がすれ違えないような細い道が続く。
【TEL】0969-22-2243(天草宝島観光協会)
【駐車場】あり

十三仏(じゅうさんぶつ)公園

no-image妙見浦を一望のもとに見下ろせるビューポイントです。目の前に東シナ海が青く広がり、北に妙見浦がそびえ、南に白鶴浜の美しい砂浜が続いています。

妙見浦の方向を見ると、陸寄りの島は、海に向かって歩き出すゾウに見えます。
近くに十三仏の祠があります。また、歌人の与謝野鉄幹と晶子夫妻が訪れたことがあり、次の歌碑が立っています。

天草の 十三仏の 山に見る 海の入陽と むらさきの波(鉄幹)
天草の 西高浜の 白き磯 江蘇省より 秋風ぞ吹く(晶子)

【アクセス】
◎「十三仏」バス停から1.2km。
◎本渡バスセンターから31km。
【TEL】0969-22-2243(天草宝島観光協会)
【住所】天草市天草町高浜北
【駐車場】普通車31台、身障者用2台、大型バス3台

茂串海岸(茂串海水浴場)

茂串海岸>天然の白砂が続き、九州屈指の透明度を誇る海です。シュノーケリングをすると、驚くほどたくさんのカラフルな熱帯魚を見ることができます。

車を止めて歩くと、宮崎県の青島の鬼の洗濯板のような岩場が広がります。ここは、昔、NHKドラマ『武蔵 MUSASHI』のロケ地として使われたところです。その先にビーチが広がっています。

【アクセス】本渡バスセンターから46km。
【TEL】0969-73-2111(天草市牛深支所産業振興課 商工観光係)
【住所】天草市牛深町
【期間】7月初旬〜8月末(海水浴場)
【駐車場】50台(海水浴シーズン中は、有料駐車場として500台分を別に設置。それでも遅いと満車になる。)
【備考】シャワー・トイレ・更衣室あり・バーベキュー可

化石の島へ

御所浦白亜紀資料館

画像:wikipedia「御所浦白亜紀資料館」

御所浦白亜紀資料館白亜紀の恐竜や哺乳類の化石が展示されているミュージアムです。1000点以上の恐竜・哺乳類・アンモナイトなどの貝の化石が展示されています。近くの体験場での化石探しが、子どもたちに人気です。

科学的・文化的に貴重な地質遺産を含む自然公園をジオパークといい、天草御所浦は2009年に日本ジオパークに認定されました。
この島全体が化石の宝庫で、塀の石などにも化石が混ざっています。しかし、人の土地で掘るとトラブルになり、また見つけるにはコツがありますので、資料館の体験コースをお勧めします。

【アクセス】
◎定期船:棚底港 (天草市倉岳町)・本渡港 (天草市本渡地区)・大道港(上天草市)・三角港 (宇城市)から御所浦港へ。
◎フェリー:棚底港・大道港 (上天草市) から御所浦港へ。
※御所浦港から資料館までは近い。
【TEL】0969-67-2325
【住所】天草市御所浦町御所浦4310-5
【料金】一般200円、高校生150円、小中学生100円 
【時間】8:30〜17:00(入館は16:30まで)
【休日】月曜日、12月29日〜1月3日
【駐車場】6台
【HP】御所浦白亜紀資料館

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

天草ありあけタコ街道  道の駅有明「リップルランド」  天草切支丹館  祇園橋  イルカウォッチング  崎津教会(海の天主堂)  大江天主堂  天草ロザリオ館  妙見浦  十三仏公園  茂串海岸(茂串海水浴場)  天草コレジヨ館  御所浦白亜紀資料館  

「風の旅」のトップページへもどる 「熊本観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 熊本観光 風の旅 > キリシタン弾圧の歴史を伝える緑の島々、天草

風の旅 熊本観光風の旅