余白

比叡山延暦寺は、伝教大師・最澄の開創以来、高野山の金剛峯寺と並んで仏教の中心であったお寺です。厳かな雰囲気の山中深く、数多くの堂宇が点在してます。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

あこがれの比叡山延暦寺へ!

比叡山アクセスマップ 比叡山アクセスマップ 比叡山アクセスマップ

★比叡山へ行くには、西回り、東回り、比叡山ドライブバス(京阪バス・京都バス)の3方法があります。
★京都市内のバス・電車の乗り換えについては、次のサイトがお勧めです。スマホアプリを入れておくと便利です(京都市公認/アプリ無料)。

【HP】バス・鉄道の達人「歩くまち京都」

比叡山延暦寺には、東塔・西塔・横川の3エリアがあります。

比叡山とは?

比叡山比叡山世界遺産比叡山は大比叡(おおびえ/848.3m)と四明岳(しめいがたけ/838m)の2峰を中心に、三石岳(さんごくだけ/676m)や八王子山(381m)などから成る山岳地帯です。京都府京都市北東部から滋賀県大津市西部にかけて羽を伸ばしたように広がり、すそ野は京都大原や詩仙堂方面、琵琶湖畔の坂本まで広がっています。
『古事記』などにも記述があり、古来、信仰の対象とされてきました。日本を代表する霊峰です。


延暦寺とは?

平安時代初期に伝教大師・最澄が延暦寺を開き、天台宗の総本山となりました。最澄と同時期に弘法大師・空海が開いた真言宗の金剛峰寺(奈良県)が真理探求を重んじて密教的な性格を強めたのに対し、比叡山延暦寺は学僧たちに広く門戸を開き、円仁や円珍ら天台宗の僧だけでなく、浄土宗の法然、浄土真宗の親鸞、臨済宗の栄西、曹洞宗の道元、日蓮宗の日蓮など、さまざまな宗派の開祖となった名僧を輩出しました。
東西5km・南北8km・約1700haの森林に堂宇が点在し、「古都京都の文化財」として、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。


延暦寺の観光

比叡山延暦寺は「三塔十六谷」と言われ、東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)の3地域に分れており、それぞれに堂宇が充実しています。自然も豊かです。
現地はシャトルバスが走り、スムースに移動できます。
思い立ったら、ぜひ行ってみましょう!

東塔(とうどう)

最澄は788(延暦7)年、比叡山に小さな草案を結び、一乗止観院と名づけ、法灯を掲げました。それが根本中堂の始まりです。
それ以来、東塔は大学で言えば、教養課程の学生を育てる場所としての役割を果たしています。
根本中堂の堂内は外陣・中陣・内陣と分かれ、薄暗い内陣の中には秘仏が安置され、3つの釣り灯籠が明かりを放っています。最澄以来、守り継がれてきた「不滅の法灯」です。織田信長の比叡山焼き討ちでいったん途絶えたものの、山形県の立石寺に分灯されていた火を戻し、現在に至ります。
東塔には宿坊の延暦寺会館があり、食事や宿泊、修行体験をすることもできます(要予約)。

最澄は788(延暦7)年、比叡山に草案を結び法灯を掲げました。それ以来、東塔は大学で言えば、教養課程の学生を育てる場所としての役割を果たしています。
根本中堂の中には秘仏が安置され、3つの釣り灯籠が明かりを放っています。守り継がれてきた「不滅の法灯」です。織田信長の比叡山焼き討ちでいったん途絶えたものの、山形県の立石寺に分灯されていた火を戻し、現在に至ります。
東塔には宿坊の延暦寺会館があり、食事や宿泊、修行体験をすることもできます(要予約)。

【東塔の堂宇】

根本中堂

根本中堂

東塔の中心です。何度も焼失し、そのたびに再建されました。現在の建物は、江戸幕府3代将軍・徳川家光の命により復興されたものです。

大講堂

大講堂

経典の講義に使われます。本尊として大日如来が祀られ、比叡山で修行した法然、親鸞、栄西、道元、日蓮、一遍などの木像が安置されています。

大黒堂

大黒堂

最澄が彫った三面大黒天が祀られています。大黒天はヒンドゥー教の破壊と創造の神シヴァの化身マハーカーラで、「大いなる暗黒」という意味です。

阿弥陀堂

阿弥陀堂

平安時代初期、円仁によって創建された法華総持院のひとつです。宗派を問わず、先祖を回向してもらうことができます。1937(昭和12)年の再建です。

【アクセス】
◎西回りなら「ケーブル延暦寺」駅、東回りなら「比叡山頂」駅が最寄り駅。
◎延暦寺バスセンターがあり、比叡山山頂、西塔、横川地域へのシャトルバスや京都市内行きの路線バスに乗ることができる。
◎観光バスは東塔駐車場で発着する。近隣には土産物店も集まっている。
【TEL】077-578-0001
【住所】滋賀県大津市坂本本町4220(比叡山延暦寺)
【料金】三塔共通券:大人700円、中・高校生500円、小学生300円
【時間】
◎3月〜11月 8:30~16:30 /
◎12月 9:00~16:00
◎1〜2月 9:00~16:30
(入場は30分前まで)
【駐車場】自家用車270台、バス70台

国宝殿

国宝殿

延暦寺に伝わる仏像・仏画・書跡などの文化財を保管する建物です。文化財の中には国宝や重要文化財に指定されているものも多数あります。

名前は、最澄が著わした『山家学生式』の中の「一隅を照らす。これ則ち国宝なり。」という言葉に由来しています。延暦寺では「国宝とは物ではなく、人の心である」とする最澄の精神に従い、参詣者が心を見直す場としています。

【アクセス】東塔の延暦寺バスセンターの近くにある。
【TEL】077-578-0001
【料金】大人500円、中・高校生300円、小学生100円
※三塔共通券と国宝殿のセット券は、大人1200円、中・高校生800円(小学生はセット券なし)
【時間】東塔拝観時間に準じる。

コースガイド(バス)◆東塔ー西塔:シャトルバスで5分。徒歩で30分。

西塔(さいとう)

西塔は大学で言えば専門課程にあたり、第2世天台座主寂光大師円澄によって開かれました。比叡山の主要な修行施設が集まっています。エイザンスミレ、エイザンユリ、エイザンカタバミなど豊かな植物相に恵まれた清浄な自然環境の中、僧たちは修行に励んでおり、度胸の声が聞こえてくることもあります。
西塔の中心は釈迦堂(転法輪堂)です。そのほか修行の場であるにない堂や最澄上人の御廟所である浄土院などがあります。
一般の方のための研修道場として居士林もあり、写経や座禅、1日廻峰などの修行体験をすることができます(要予約)。

西塔は大学で言えば専門課程にあたり、比叡山の主要な修行施設が集まっています。度胸の声が聞こえてくることもあります。
西塔の中心は釈迦堂(転法輪堂)です。そのほか修行の場であるにない堂や最澄上人の御廟所である浄土院などがあります。
一般の方のための研修道場として居士林もあり、写経や座禅、1日廻峰などの修行体験をすることができます(要予約)。

【西塔の堂宇】

浄土院

浄土院

「侍真」と呼ばれる修行僧が最澄の霊前に仕えています。浄土院の拝殿の裏に最澄が眠る御廟があり、沙羅双樹と菩提樹が見守るように立っています。

椿堂

椿堂

聖徳太子が椿の杖を立てたところ、根づいて茂ったという伝説があります。小さなお堂ですが、森の中にひっそりと佇む姿は滋味あふれる魅力があります。

釈迦堂

釈迦堂

織田信長の焼き討ち後、豊臣秀吉の時代にふもとの園城寺から金堂を移築しました。比叡山に現存する最古の建物です。本尊は最澄作と伝わる釈迦如来です。

にない堂

にない堂

法華堂と常行堂を併せて、にない堂と言います。両堂は渡り廊下で結ばれ、比叡山の僧兵であった弁慶が担いだという伝説も残っています。

【アクセス】
◎東塔地域からシャトルバスで5分。徒歩で20分。
◎横川地域からシャトルバスで10分。
※西塔は東塔から北へ1kmほどの場所に位置する。
【TEL】077-578-0001
【住所】滋賀県大津市坂本本町4220(比叡山延暦寺)
【料金】三塔共通券:大人700円、中・高校生500円、小学生300円
【時間】
◎3月〜11月 9:00~16:00 /
◎12月 9:30~15:30
◎1〜2月 9:30~16:00
(入場は30分前まで)
【駐車場】自家用車75台、バス20台

コースガイド(バス)◆西塔ー横川:シャトルバスで10分。徒歩で60分。

横川(よかわ)

横川の森角大師の護符横川は3世天台座主の慈覚大師円仁によって開かれた、比叡山北端のエリアです。俗事から離れて学問や修行に打ち込むための場所でした。

最澄の弟子やその弟子たちは、東塔から西塔へ、西塔から横川へと設備を充実させていったと言えます。

一時は僧兵の抗争で荒れましたが、元三(がんざん)大師・良源が綱紀粛正に努め、諸堂を修復し、中興しました。良源には逸話があり、ある日、座禅をしていたところ、鏡に降魔の相が現れました。それを弟子が写し取ったものは、災厄除けとなっています。

【横川の堂宇】

根本如法塔

根本如法塔

慈覚大師円仁が修行の一環として法華経などの写経を行い、それを納めるために建てられました。夏の緑、秋の紅葉によく映える、美しい建物です。

横川中堂

横川中堂

横川の中心の本堂にあたります。崖を利用した舞台造りになっており、中に入って堂内を1周することができます。本尊は聖観音です。

四季講堂

四季講堂(元三大師堂)

良源が多くの門弟を集めて、議論をたたかわせたところです。春夏秋冬を通じて法華経の講義が行われたことから、この名がつきました。

恵心堂

恵心堂

浄土を求める人々や地獄の様子を描き、救いの道を示す『往生要集』を著した源信が隠居していたお堂です。森の中にひっそりと佇んでいます。

【アクセス】
◎東塔地域から、シャトルバスで15分。徒歩は東海道自然歩道を歩き、100分以上。
◎西塔地域から、シャトルバスで10分。
【TEL】077-578-0001
【住所】滋賀県大津市坂本本町4220(比叡山延暦寺)
【料金】三塔共通券:大人700円、中・高校生500円、小学生300円
【時間】
◎3月〜11月 9:00~16:00 /
◎12月 9:30~15:30
◎1〜2月 9:30~16:00
(入場は30分前まで)
【駐車場】自家用車80台、バス10台

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

東塔  西塔  横川  京都駅  三条京阪駅  出町柳駅  八瀬駅  比叡山頂   浜大津駅  比叡山坂本駅  坂本駅  ケーブル坂本駅  ケーブル延暦寺駅  田の谷峠ゲート  仰木雄琴IC  名神京都東IC  

「風の旅」のトップページへもどる 「京都観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 京都観光風の旅