延岡は内藤氏延岡藩の城下町。城跡が残り、気持ちのよい公園となっています。また、山地へ行けば、本格的なトレッキングコースが通っています。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

延岡の歴史めぐり

延岡城跡

画像:wikipedia「延岡城」

延岡城延岡城北大手門延岡藩主であった内藤氏の居城の跡です。市役所の近くの高台にあって見晴らしがよく、市民の憩いの場となっています。

豊臣秀吉による九州統一後、日向国縣(あがた)の領主となった高橋元種が、鉄砲による近代戦に備えて築き、初めは縣城と呼ばれ、のち延岡城と改められました。その後、有馬・三浦氏・牧野氏と領主が変わり、1747年(延亨4)年、内藤政樹が藩主となって、明治維新まで続きました。
明治時代初めの西南戦争の戦火によって天守閣などは焼失し、現在は公園となっています。

石垣が多く、とくに二の丸跡にある高さ20mの石垣は、下の石をひとつはずせば、たちまち崩れる仕掛けになっていると言い伝えられており、「千人殺し」と呼ばれています。

【アクセス】
◎JR「延岡」駅から1.9km。
◎「市役所前」バス停から150mで城の下。200mほど坂を上る。
【TEL】0982-29-2155(延岡観光協会)
【住所】宮崎県延岡市東本小路 延岡城跡
【料金・時間・休日】立入自由
【駐車場】あり
【HP】延岡観光協会「延岡城跡」

内藤記念館

画像:wikipedia「内藤記念館」>

内藤記念館"江戸時代に延岡の藩主であった内藤氏に関する資料を収集・展示する郷土資料館です。

明治時代に建てられた内藤氏の邸宅が第二次世界大戦で焼けた跡に建てられました。

能面を66点所蔵し、その中には桃山時代から江戸時代初期に「天下一」の称号を与えられた能面作家6人の作品が30点も含まれています。

【アクセス】
◎JR「延岡」駅から2.2km。
◎延岡市役所から600m。
【TEL】0982-22-7047
【住所】宮崎県延岡市天神小路255番地1
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
【休日】月曜日、12月28日〜1月3日
【HP】お宝いっぱい!内藤記念館(延岡市)

西郷隆盛陣屋跡

西郷隆盛宿陣跡資料館西南戦争のとき、現在の延岡市北川町へと敗走した西郷隆盛が、薩軍最後の宿陣とした児玉熊四郎の屋敷の跡です。現在はミュージアムとなり、西郷隆盛ゆかりの品々を展示しています。

西郷隆盛は軍を解散し、可愛岳(えのだけ)を踏破して鹿児島に戻り、城山で最期を迎えましたが、その過程が絵に描かれたものが多数展示されています。また、軍議のようすが忠実に再現されている部屋もあり、なかなかの充実ぶりです。

【アクセス】宮崎交通バス「俵野」下車、500m。
【TEL】0982-46-2960
【住所】宮崎県延岡市北川町長井6727
【料金】一般200円、小中学生100円
【時間】9:00〜17:00
【休日】月曜日、祝祭日の翌日、年末年始(12月29日から1月3日)

延岡の自然を楽しむ

愛宕山

愛宕山愛宕山は延岡市の中心部にある標高251mの山です。山頂にある展望台からは、市街地や日向灘を一望できます。とくに夜景の美しさは、全国でも有数です。
天孫ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメが出逢い、結婚した場所との神話が残っており、デートスポットとして人気があります。

カップルがかけていった南京錠がたくさんあります。

【アクセス】JR「延岡」駅から5km。
【TEL】0982-34-2111(延岡市役所)
【住所】宮崎県延岡市愛宕町3
【料金・時間・休日】立入自由
【駐車場】あり

行縢(むかばき)の滝

行縢の滝雄岳、雌岳から成り、九州山地の東部にそびえる行縢山にある滝です。落差は77mもあり、滝のほぼ真下まで行くことができ、見上げたときのスケール感は圧倒的です。

【アクセス】JR「延岡」駅から登山口まで、車で15km。駐車場から滝まで1時間ほど歩く。
【住所】延岡市行縢町

大崩山(おおくえやま)

画像:wikipedia「大崩山」

大崩山延岡市を貫いて流れる祝子川の上流に位置します。東側斜面に露出した風化した花崗岩が崩れたように見えることから、この名がつきました。初心者が気軽に登れる山ではありませんが、下から眺めるだけでも結構気分がいいものです。

登山道には大きな岩など見応えのある箇所が多く、初夏にはアケボノツツジが咲き誇り、秋には紅葉で染まります。

【アクセス】延岡市中心街から登山口まで車で52km。登山コースを歩くのは、丸一日かかる。
コース内にはロープ渡りやはしご登りが連続しており、スキルのある人でも仲間とパーティを組んで歩くことが大切。

須美江海水浴場(須美江家族旅行村)

no-image延岡市郊外にある海水浴場です。海は遠浅で波も比較的穏やかです。浜の端に磯があり、海水浴だけでなく、ちょっと磯遊びも出来ます。
須美江家族旅行村にはバーベキュー施設やオートキャンプ場もあり、ファミリーに人気です。

【アクセス】南九州自動車道「須美江IC」から2.5km。
【TEL】0982-43-0201(総合管理棟・ビーチの森すみえ)
【住所】宮崎県延岡市須美江町1450-2
【料金】無料(乗り物等は別料金)
【時間】9:00〜17:00
【駐車場】あり(海水浴の黄瀬地は混む)

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

延岡城跡  内藤記念館  西郷隆盛陣屋跡  愛宕山  行縢の滝  大崩山  須美江海水浴場(須美江家族旅行村)  

「風の旅」のトップページへもどる 「宮崎観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 宮崎観光 風の旅 > 城跡が残り、美しい自然に恵まれた延岡

風の旅 宮崎観光風の旅