高千穂は天孫降臨の神話が伝わる風光明媚な峡谷です。近隣には、日本の国始めにかかわる神々を祀る神社が数多く集まっています。

【高千穂へのアクセス】

◎JR「延岡」駅前から宮崎交通の路線バスに乗り、「高千穂バスセンター」まで約1時間30分。7日間有効の往復割引切符があります。

宮崎交通

高千穂往復割引切符

◎JR「宮崎」駅から「高千穂バスセンター」まで137km(車で約3時間半)。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

日本神話の故郷へ

高千穂峡

高千穂峡高千穂峡高千穂峡は、天照大神(アマテラスオオミカミ)の命をうけたニニギノミコトが、高天原から降り立ったとされる候補地のひとつです。阿蘇山の噴火によってできた溶岩台地が五ヶ瀬川によって侵食されて、高さ50〜100mもの断崖がそそり立ち、神秘的なまでに美しい景観をつくり出しています。

春から初夏にかけては山桜や野生のツツジ、フジなどの花が咲き、秋には見事な紅葉に彩られます。

峡谷をまたぐ御橋のすぐ上流に高さ17m余りの真名井の滝があり、遊歩道を歩いたり、ボートで近づいたりできます。

日本の始まり

イザナギとイザナミ世界がまだ混沌としていた頃、イザナギノミコトとイザナミノミコトが天の浮き橋に立ち、イザナギノミコトが矛で海をかき回しました。そのしずくが垂れたものが島になりました。この島で2人の神は結婚し、森羅万象を司る多くの神々を生みました。
しかし、イザナミは火の神カグツチを生んだときに火傷を負って亡くなってしまいました。イザナギノミコトは死後世界である黄泉国(よみのくに)へ訪ねていきましたが、イザナミノミコトは腐乱した姿を見られて怒り、「人間を1日に千人殺してやる」と言いました。イザナギノミコトは「それならば私は、1日に千五百の産屋を建てよう」と言い返し、こうして人は生まれて死ぬようになりました(写真の像は、高千穂町の西の五ヶ瀬町にある)。

【アクセス】高千穂バスセンターから2km。
【TEL】0982-73-1212(高千穂町企画観光課)
【住所】宮崎県高千穂町三田井御塩井
【駐車場】高千穂峡駐車場(500円)、あららぎ駐車場有料:300円

高千穂神社

画像:wikipedia「高千穂神社」

高千穂神社夜神楽高千穂八十八社の総社として人々の尊崇を集めてきた、歴史ある神社です。

神武天皇から数えて第11代天皇にあたる垂仁天皇の時代の創建と伝えられる古い神社です。古くは武神として崇められ、現在は農業・厄祓・縁結びにご利益があると言われています。
広い境内には古木が茂り、その間に本殿や拝殿などが並んでいます。

神楽殿では、毎日、夜の8時〜9時まで高千穂神楽が奉納されます。

【アクセス】高千穂バスセンターから900m。
【TEL】0982-72-2413
【住所】宮崎県高千穂町大字三田井1037
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【高千穂神楽】20:00〜21:00・700円(小学生以下無料/予約不可)
【駐車場】あり

天真名井(あまのまない)

画像:wikipedia「くしふる神社」

天真名井天孫降臨のとき、この地に水がなかったため、アメノムラクモノミコトが再び天上に上がって水種を移したとされる井戸です。ケヤキの大木の根元からは、今でも清らかな水が湧き出しています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから800m。
【TEL】0982-73-1212(高千穂町企画観光課)
【住所】宮崎県高千穂町三田井472
【駐車場】なし

くしふる神社

画像:wikipedia「くしふる神社」

くしふる神社ニニギノミコトが、天照大神の命を受けて高天原から地上へ降りたくしふるの峯にあり、ニニギノキコトらの神々を祀っています。神社周辺には、神話史跡コースの遊歩道が整備されています。

【アクセス】高千穂バスセンターから800m。
【TEL】0982-72-2413(高千穂神社)
【住所】宮崎県高千穂町三田井713
料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【駐車場】あり

荒立神社

画像:wikipedia「荒立神社」

荒立神社天孫降臨のとき、ニニギノミコトらの道案内をしたサルタヒコノミコトと、天岩戸に天照大神が隠れたとき踊りを踊って岩戸を開けさせたアメノウズメノミコトが結婚して住んだ場所とされています。

切り出したばかりの荒木を使って急いで宮を建てたことが、名前の由来となっています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから1km。
【TEL】0982-72-2368
【住所】宮崎県高千穂町大字三田井667
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【駐車場】あり

天岩戸神社

画像:wikipedia「天岩戸神社」

天岩戸神社岩戸川上流の山間に位置し、峡谷を挟んで東西2つの社があります。西宮は天照大神(アマテラスオオミカミ)が隠れたと言われる天岩戸をご神体としています。天岩戸とされる天安河原までは、歩いて行けます。

東本宮は七本杉と呼ばれる老木をご神体とし、天照大神を祀っています。

【アクセス】高千穂バスセンターから7km。
【TEL】0982-74-8239
【住所】宮崎県高千穂町岩戸1073-1
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【駐車場】あり
【HP】天岩戸神社

天安河原(あまのやすかわら)

天安河原弟のスサノオノミコトが高天原で乱暴の限りを尽くしたのに怒った天照大神が隠れ、地上は暗闇に包まれた天岩戸であるとされる場所です。

神々が洞窟の前で楽しそうに歌い踊って騒ぐので、天照大神がつい気になって隙間を少し開けて覗いたところ、力持ちのタヂカラオノミコトがこじ開けたとされています。

【アクセス】天岩戸神社から650m。
※天岩戸神社と同じ。

国見ヶ丘

高千穂・国見ヶ丘ニニギノミコトの像高千穂峡を見下ろす雲海の名所です。標高513mの場所にあり、遠くに阿蘇山や祖母山が見えます。秋の早朝の快晴無風の冷え込んだ日や雨のあとなどには、しばしば足元から湧き立つような雲海を見ることができます。

展望台の近くに高天原から降ったニニギノミコトの像があります。足下にいるのは、土蜘蛛(土地の豪族)のオオクワ(大鉗)とコクワ(小鉗)です。
初め、天は暗く、夜も昼も分からない状態でしたが、オオクワとコクワが「ミコトが稲千穂を籾とし、四方に投げれば必ず明るくなります」と奏上し、その通りにすると、天は明るくなり、日も月も光輝いたと伝えられています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから4.5km。
【TEL】0982-73-1212(高千穂町企画観光課)
【住所】宮崎県高千穂町大字押方
【駐車場】あり

高千穂を楽しむ

高千穂あまてらす鉄道

画像 :公式サイト

高千穂あまてらす鉄道かつて観光客に人気だった高千穂鉄道の廃路線の一部を利用した、カートで走る手作り感いっぱいの楽しい列車です。風を切って走る爽快感が最高です。

【アクセス】高千穂町バスセンターから800m。
【TEL】0982-72-3216
【住所】宮崎県高千穂町大字三田井1425-1 旧駅舎内
【料金】高校生以上1300円、小中学生800円、未就学児400円
【時間】10:00、10:40、11:20、12:00、12:40、13:20、14:00、14:40、15:20、16:00
【休日】雨天・強風・降雪など、天候による。
【駐車場】あり

トンネルの駅

トンネルの駅延岡と高千穂を結ぶ路線のトンネルが灘工事で頓挫したあと、神楽酒造という酒造会社が焼酎の貯蔵庫に利用し、現在は観光物産館となっています。トンネル内は酒の香りが満ち、試飲もできます。高千穂鉄道の車両も展示されています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから3.5km。
【TEL】0982-73-4050
【住所】宮崎県高千穂町大字下野2221-1
【時間】9:00〜18:00(12月〜2月は17:30まで)
【駐車場】あり
【HP】神楽酒造「トンネルの駅」

高千穂がまだせ市場

画像:公式サイト

高千穂がまだせ市場道の駅のような感じの観光物産館です。レストランでは、高千穂牛を使ったステーキなどのメニューが人気。地元の食材や加工品がたくさん売られています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから550m。
【TEL】
◎0982-73-1831(物産館 鬼八の蔵)
◎0982-73-1109(レストラン和)
【住所】 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1099-1br /> 【時間】
◎物産館 鬼八の蔵 9:00〜18:00
◎レストラン和 11:00〜14:30(L.O.14:00)/17:00〜21:00(L.O.20:30/夏は22:00まで)
【休日】
◎物産館 鬼八の蔵 不定休
◎レストラン和 第2水曜日
【HP】高千穂がまだせ市場

少し足を延ばして

秋元神社

秋元神社天地開闢の際、最初に出現し、日本の初源神とされるクニノトコタチノカミをはじめ3柱の神々を祀っています。
小さい神社ですが深山の趣がある境内から湧き出す御神水は冷たくて、身も心も清まるようなおいしさ。強力なパワースポットとして人気が高まっています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから6km。車がすれ違えないような細い山道が続く。
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【住所】宮崎県高千穂町大字向山字小藪6781
【駐車場】あり

二上神社

no-image高千穂町と五ヶ瀬町の間に位置する二上山は、天孫降臨の山と言われています。山は南西の男岳と北東の女岳から成り、三ヶ所神社は女岳の麓にあります。「イザナギ、イザナミ、二神の神子種生み給う所」とも伝えられています。

【アクセス】高千穂町バスセンターから8km。
【TEL】0982-73-5621
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【住所】宮崎県西臼杵郡高千穂町大字押方2375-1
【駐車場】あり(鳥居手前に2〜3台)

三ヶ所神社

三ヶ所神社天孫降臨の山と伝えられる二上山の男岳の麓にあります。境内には約12000本のシャクナゲが植えられ、4月中旬頃から見頃を迎えます。

2ヶ所ある「高千穂」の候補地

日本神話で天孫降臨の地と伝えられる高千穂には、実は候補地が2ヶ所あります。ひとつは宮崎県高千穂町周辺。もうひとつは宮崎県と鹿児島県の境に位置する霧島連峰の高千穂峰です。
どちらが正しいかはわかりません。と言うより、そもそも神話です。しかし、古代の豪族の争いなどが反映されている可能性は大いにありそうです。
霧島連峰の高千穂峰については、次のページへ。

天孫降臨の伝説が残る高原、霧島(鹿児島側)
天孫降臨の伝説が残る高原、霧島(宮崎側)

【アクセス】高千穂町バスセンターから15km。
【TEL】0982-82-1513
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【住所】宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町三ヶ所宮ノ原

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

高千穂バスセンター  高千穂峡  高千穂神社  天真名井  くしふる神社  荒立神社  天岩戸神社  天安河原  国見ヶ丘  高千穂あまてらす鉄道  トンネルの駅  高千穂がまだせ市場  秋元神社  二上神社  三ヶ所神社  

「風の旅」のトップページへもどる 「宮崎観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 宮崎観光 風の旅 > 天孫降臨と天岩戸の神話が伝わる高千穂

風の旅 宮崎観光風の旅