かつてオランダ人が住んだ出島は、今では長崎の最も有名な観光スポットのひとつ。周辺には唐人屋敷跡などのポイントもあり、新地中華街ではおいしい中華料理を食べられます。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

出島と長崎ベイエリア

出島和蘭商館跡

出島出島鎖国時代、西洋への窓口だった出島の跡で、国指定の史跡となっています。現在は建物を復元して、歴史体験ミュージアムとされています。

出島は江戸時代初期の1636(寛永13)年に、ポルトガル人を居住させるために建造されました。しかし、翌1637(寛永14)年にキリスト教徒による島原の乱が起こり、幕府はポルトガル人を渡航禁止にしました。代わって平戸のオランダ商館をここに移し、江戸時代末に開国するまで阿蘭陀屋敷(おらんだやしき)と呼ばれました。
かつては橋でつながれた扇型の人工島でしたが、現在は周辺の埋め立てが進んで、長崎市街の一画となりました。

敷地内には当時の建物が並び、「カピタン部屋」など、オランダ人の暮らしが再現されています。

【アクセス】電停「長崎駅前」から路面電車に乗り、「出島」下車、200m。
【TEL】095-829-1193
【住所】長崎県長崎市出島町6-1
【料金】一般510円 高校生200円 小中学生100円
【時間】8:00〜18:00(入館は終了20分前まで/季節により変動あり)
【休日】年中無休
【HP】出島

長崎出島ワーフ

画像:公式サイト

長崎出島ワーフ長崎のベイサイドに位置し、レストラン街をメインとする複合商業施設です。和食や洋食などの店やカフェが並び、テラス席では行き来する船を眺めて潮風を感じながら食事を楽しむことができます。夜景もきれいです。

【アクセス】電停「出島」駅から250m。
【TEL】095-828-3939
【住所】長崎県長崎市出島1-1-109
【時間・休日】店舗により異なる。
【駐車場】あり
【HP】長崎出島ワーフ

長崎県立美術館

画像:wikipedia「長崎県立美術館」

長崎県立美術館長崎港の波止場近くに建てられたモダンな建物の美術館です。西洋の画家や彫刻家、長崎ゆかりの作家による常設展や、さまざまな企画展を行っています。画家の目を通して長崎の街を見ることができ、その印象をもって街を散策するのも、長崎観光の楽しみのひとつです。

エレベーターで屋上に行くと広い芝生の庭のようになっており、散策途中の休憩にもよい場所です。

【アクセス】
◎電停「出島」駅から250m。
◎電停「市民病院前」駅から300m。
【TEL】095-833-2110
【住所】長崎県長崎市出島町2-1
【料金】展覧会により異なる。
【時間】10:00〜20:00(入館は19:30まで)
【休日】第2・第4月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
【HP】長崎県立美術館

長崎水辺の森公園

画像:wikipedia「長崎水辺の森公園」

長崎水辺の森公園広い敷地に運河がめぐる、ベイサイドの公園です。「大地の広場」「水の庭園」「水辺のプロムナード」などから成っています。潮風と緑の木々が心地よく、休憩に好適です。

【アクセス】
◎電停「出島」駅から350m。
◎電停「市民病院前」駅から50m。
【住所】長崎県長崎市常盤町1-60
【料金・時間・休日】立ち入り自由
【駐車場】あり(有料)
【HP】長崎水辺の森公園

中国の面影が残る街へ

唐人屋敷跡

唐人屋敷(土神堂)鎖国時代、出島に居留地を制限されたオランダ人と違い、中国人は街中に住むことを許されました。しかし、密貿易がさかんになったため、1689(元禄2)年、住む場所を十善寺村に設けられた屋敷に限定されました。
その規模は出島の約3倍もあり、中国人が住む二階屋や、日本人役人の部屋などがひしめいていたと伝えられています。

【唐人屋敷の遺物】

観音堂

観音堂

日本でもなじみが深い、観世音菩薩と関帝(「三国志」の英雄、関羽)が祀ってあります。

観世音菩薩

観世音菩薩(観音堂)

深い叡智と衆生を慈しむ慈愛の心に満ちた、最もよく知られている仏様です。

関帝

関帝(観音堂)

関羽は武神であるとともに、計数に長けていたため、商業の神ともされています。

土神堂

土神(どじん)堂

1691(元禄4)年に建てられ、数度の再建を経たものです。土地の神、土神を祀っています。

天后堂

天后堂

南京周辺の人々が建てたものです。航海の神、天后が祀ったのが起源とされています。

福建会館

福建会館

明治時代に福建省から来た人々によって建てられました。原爆で破壊され、一部のみ残っています。

【アクセス】
◎電停「市民病院前」駅から500m。
◎電停「築町」駅から550m。
【TEL】095-829-1193(長崎市文化財課)
【住所】長崎県長崎市館内町
【料金・時間・休日】見学自由

新地中華街

新地中華街明治時代に長崎港に突き出ていた出島周辺を埋め立ててつくった土地を新地と言い、楼門の向こうは中華街となっています。170m×150mほどの小さな中華街ですが、おいしい中華料理や天津、中華菓子などを味わうことができます。

【アクセス】
◎電停「築町」駅から100m。
◎電停「市民病院前」駅から200m。
【HP】長崎新地中華街

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

出島和蘭商館跡  長崎出島ワーフ  長崎県立美術館  長崎水辺の森公園  唐人屋敷跡  新地中華街  

「風の旅」のトップページへもどる 「長崎観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 長崎観光 風の旅 > オランダ人が住んだ出島と中国人の街

風の旅 長崎観光風の旅