長崎駅周辺は、現在は長崎の玄関口としてにぎわっていますが、古くはキリスト教弾圧のために多くの宣教師や信者が処刑された場所であり、江戸時代には長崎行政の中心として坂本龍馬らが歩いた場所でもあります。にぎやかな街中に点在する重要な史跡やミュージアム、長崎の氏神 諏訪神社をめぐります。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

長崎タウンの史跡・ミュージアム

日本二十六聖人殉教地・記念館

日本二十六聖人殉教地・記念館日本二十六聖人殉教地・記念館のレリーフ1598(慶長元)年、豊臣秀吉の命により、フランシスコ会のペトロ・バプチスタら6名の外国人宣教師と、パウロ三木ら20人の日本人のキリスト教徒の計26人が十字架に架けられて処刑された場所に記念館があります。

宣教師たちは、長崎の街を見下ろせるこの場所が、キリスト処刑の地であるゴルゴダの丘を思わせることとから、この地で死刑にされることを望んだと伝えられています。
江戸時代に入ってからも、1622(元和8)年に55人の「大殉教」をはじめ、63回もの刑が、この地で執行されました。

26人は、1862(文久2)年、ローマ法王によって聖人に列せられ、1962(昭和37)年に記念館が建てられました。記念館には、日本伝来から近代に至るキリスト教の歴史が展示されています。

【アクセス】JR「長崎」駅から250m。
【TEL】0958-22-6000
【住所】長崎県長崎市西坂町7-8 
【料金】一般500円、中・高校生300円、小学生150円
【時間】9:00〜17:00
【休日】12月31日〜1月2日
【HP】日本二十六聖人記念館

聖福寺(しょうふくじ)

画像:wikipedia「聖福寺 (長崎市)」

聖福寺唐の男性と日本人女性の間に生まれた鉄心(てっしん)禅師が開いた黄檗宗のお寺です。崇福寺・興福寺、それに戦災で焼失して門だけが残っている福済寺とともに「長崎四福寺」と呼ばれ、福をもたらすお寺として人気があります。
梵鐘は九州で最も大きく、「鉄心の大梵鐘」と呼ばれています。また、イタリア人航海士と日本人女性の間に生まれ、1639(寛永16)年の鎖国令によって、わずか15歳でジャガタラ(ジャカルタのこと)に追放されたお春の碑が立っています。

山門および境内の大雄宝殿と天王殿は、長崎県の文化財に指定されています。

【アクセス】
◎JR「長崎」駅から750m。
◎電停「長崎駅前」駅から3番系統「蛍茶屋行き」に乗り、「桜町」下車、400m。
【TEL】095-823-0282
【住所】長崎県長崎市玉園町3-77
【料金・時間・休日】見学自由(拝観は日中)

サント・ドミンゴ教会跡資料館

サント・ドミンゴ教会跡資料館長崎市立桜町小学校を建設したときに教会の跡が発見され、小学校の一部が資料館となっています。石畳の跡や排水溝の跡などが残されており、当時の教会の様子が感じられます。また、十字紋瓦やロザリオなどキリシタン関連の発掘品も見学できます。

【アクセス】
◎JR「長崎」駅から800m。
◎電停「桜町」から350m。
※入り口は小学校とは別になっており、裏から入る感じ。
【TEL】095-829-4340
【住所】長崎県長崎市勝山町30‐1(桜町小学校内)
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
【休日】月曜日、12月29日〜1月3日

長崎歴史文化博物館

画像:wikipedia「長崎歴史文化博物館」

長崎歴史文化博物館鎖国時代の日本において海外への玄関口として栄えた長崎の街の様子や、出島で行われたオランダとの貿易など海外交流の歴史や文化を学ぶことができる博物館です。
長崎奉行所の一部が復元され、ボランティアによる裁判の寸劇が人気を呼んでいます。

【アクセス】
◎JR「長崎」駅から900m。
◎電停「桜町」から450m。
【TEL】095-818-8366
【住所】長崎県長崎市立山1-1-1
【料金】大人600円、小中高生300円
【時間】8:30〜19:00(入館は18:30まで)
【休日】第3火曜日(祝日の場合は翌日)、その他不定休あり。
【駐車場】あり(有料)
【HP】長崎歴史文化博物館

諏訪神社

諏訪神社長野県諏訪市にある諏訪大社の分社で、長崎の氏神のような神社です。

ほかに古代に神功皇后が海上安全を祈願した住吉神と、開港当時に長崎港の突端にあった森崎神を祀り、諏訪神と合わせて3柱となっています。

神域は長崎市街地の北東部に位置する玉園山の全域を占める広大なもので、立派な社殿が建てられています。毎年10月7〜9日に開催される長崎くんちの際には、73段の石段を、神輿や出しものが駆け下り、駆け上ります。これを見るには、有料席の券が必要となります。詳しくは、次のサイトへ。

長崎くんち(長崎伝統芸能振興会)

【アクセス】電停「諏訪神社前」から200m。
【TEL】095-824-0445
【住所】長崎県長崎市上西山町18-15
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【HP】鎮西大社 諏訪神社

少し足を伸ばして

シーボルト記念館

シーボルト記念館シーボルト江戸時代後期の1823(文政6)年に来日し、西洋医学や博物学を日本に伝えたシーボルトの業績を記念して建てられたミュージアムです。シーボルトの業績と生涯、日本人女性お滝や、ふたりの間に生まれて日本初の女医となったイネについて知ることができます。
隣接してシーボルト宅跡があり、小さな公園の中に記念碑が立っています。

シーボルトは鳴滝に診療所とともに塾を開き、伊東玄朴や高野長英ら多くの門下生を育てました。1828(文政11)年に帰国する際、荷物の中に日本地図があるのを見つかり、国外追放処分となりましたが、開国後に許されて来日しています。追放から31年後のことでした。

【アクセス】電停「新中川町」から600m。
【TEL】095-823-0707
【住所】長崎市鳴滝2-7-40
【料金】大人100円、小・中学生50円 
【時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで)
【休日】月曜日(祝日は開館)、12月29日〜1月3日

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

日本二十六聖人殉教地・記念館  聖福寺  サント・ドミンゴ教会跡資料館  長崎歴史文化博物館  諏訪神社  シーボルト記念館  

「風の旅」のトップページへもどる 「長崎観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 長崎観光 風の旅 > キリスト教のミュージアムや神社が集まる長崎駅周辺

風の旅 長崎観光風の旅