大分市は、大分県の行政・経済の中心としてにぎわうとともに、府内城跡などの史跡が残る街。サルがたくさんいる高崎山自然動物園や水族館「うみたまご」など、子どもに人気のスポットも点在しています。

【大分へのアクセス】

1.日本各地の空港から大分空港へ。空港からJR「大分」駅までは、バスで約1時間。
2.JR「博多」駅から特急で「大分」駅へ(約2時間10分)。
3.JR「別府」駅から電車に乗り、「大分」駅へ(約15分)。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

ファミリーやカップルで楽しめる大分市の観光スポット

高崎山自然公園

画像:wikipedia「高崎山」

高崎山のサル高崎山は大分市と別府市の境近くに位置する丸いドーム型の山で、約1500匹ものニホンザルがいます。

サルは大きく2つの群れに分かれており、交代で公園の中央の餌場に集まってきます。スタッフによって30分に1回のペースで、、イモや小麦がまかれます。サルは餌付けされて大人しくしていますが、野生なので注意は必要です。

サルを見られる確率は午前中の方が高く、群れでやってきて引き上げる様子は、なかなかの見ものです。午後遅めには山から下りてこないこともあるため、早めに行くのがお勧めです。

【アクセス】
◎JR「大分」駅から車で8km。
◎JR「大分」駅から「大分駅行き」のバスに乗り、「高崎山自然動物園前」下車。
◎JR「別府」駅から「別府方面 (関の江、鉄輪、国東)行き」に乗り、「高崎山自然動物園前」下車。
◎別府国際観光港から、近くの「南須賀入口」にて「大分駅行き」のバスに乗り、「高崎山自然動物園前」下車。
【TEL】097-532-5010
【住所】大分市神崎3098-1
【料金】大人(高校生以上)510円、中学生・小学生250円
【時間】8:30〜17:00(入園は16:30まで)
【休日】無休(荒天やサルが山から下りて来ず、入れないこともある。)
【駐車場】1000台、有料(二輪車は無料)
【HP】高崎山自然公園

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

画像:公式サイト

うみたまごサルで有名な高崎山の下の海際に位置する水族館で、約500種・15,000点もの海の生き物を展示しています。なかでも大回遊水槽は大分のうみを再現し、90種1,500尾の魚たちがいます。イルカやセイウチなどの海獣ショーも人気です。

道路を挟んで高崎山自然動物園と隣接しており、歩道橋で行き来ができますが、両方行くならサルの群れの動きに合わせて、先に高崎山、あとに「うみたまご」の方が、基本的にはよいでしょう。

【アクセス】
◎JR「大分」駅から車で8km。
◎JR「大分」駅から「大分駅行き」のバスに乗り、「高崎山自然動物園前」下車。
◎JR「別府」駅から「別府方面 (関の江、鉄輪、国東)行き」に乗り、「高崎山自然動物園前」下車。
◎別府国際観光港から、近くの「南須賀入口」にて「大分駅行き」のバスに乗り、「高崎山自然動物園前」下車。
【TEL】097-534-1010
【住所】大分県大分市大字神崎3078-22
【料金】大人(高校生以上)2200円、中学生・小学生1100円、幼児(4歳以上)700円
※バースデイ割引・障害者割引・シニア割引あり(要証明)。
【時間】9:00〜18:00(夜間営業期間は〜21:00)
【休日】無休(臨時休館あり/冬期)
【駐車場】1000台、有料(二輪車は無料)
【HP】大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

※アクセスと駐車場に関しては、上記の高崎山自然公園と同じ。
【TEL】097-534-1010
【住所】大分県大分市大字神崎3078-22
【料金】大人(高校生以上)2200円、中学生・小学生1100円、幼児(4歳以上)700円
※バースデイ割引・障害者割引・シニア割引あり(要証明)。
【時間】9:00〜18:00(夜間営業期間は〜21:00)
【休日】無休(臨時休館あり/冬期)
【HP】大分マリーンパレス水族館「うみたまご」

大分市の史跡と公園

大分城址公園

大分城址大分市に残る、松平家の一派の大給(おぎゅう)松平家城の跡で、今は公園となっています。

1597(慶長2)年、福原直高により築城が始められましたが改易となり、その後、城主は早川氏、竹中氏、日根野氏と替わっていき、1658(万治元)年に松平忠昭が入って府内藩主となり、以後、明治維新まで続きました。

石垣や堀などが昔のまま残り、白壁の隅櫓(すみやぐら)などが復元されて、江戸時代をしのばせます。

【アクセス】
◎JR「大分」駅から2km。
◎JR「大分」駅前から「柳通・花高松・三ツ川・鶴崎行き」のバスに乗り、「県庁前」下車すぐ。
【TEL】097-537-5764(大分市観光協会)駐車場 【住所】大分県大分市荷揚町4
【料金・時間・休日】見学自由
【時間】9:00〜17:00
【休日】駐車場

遊歩公園

画像:wikipedia「遊歩公園」

遊歩公園滝廉太郎像府内城跡の近く、大分県庁前の大手通りにある、幅約30m、長さ約400mの細長い公園です。特徴は大分県ゆかりの人物の像が多いこと。

作曲家の滝廉太郎、日本でキリスト教を広めたフランシスコ・ザビエル、天正遣欧少年使節、ポルトガル人外科医のアルメイダにちなんだ育児院と牛乳の碑などが並んでいます。

作曲家の滝廉太郎、キリスト教伝道師フランシスコ・ザビエル、天正遣欧少年などが並んでいます。

【アクセス】JR「大分」駅から950m。
【住所】大分県大分市大手町

大分市のミュージアム

大分県立美術館「OPAM」

画像:wikipedia「大分県立美術館」

大分県立美術館2015年4月に開館した、比較的新しい美術館で、福田平八郎や宇治山鉄平など大分にゆかりのある近代の美術家の作品を中心に展示しています。略称は、「Oita Prefectural Art Museum」の頭文字を取って「OPAM(オーパム)」と言います。

建物の設計は、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した坂茂が設立した坂茂建築設計の、坂茂、平賀信孝、菅井啓太の3名により、そのデザイン性の高さで話題となっています。

高名な建築家、坂茂らによるデザイン性の高さで話題となっています。

【アクセス】JR「大分」駅からバスに乗り、「オアシス前広場」下車すぐ(「オアシス前広場」で停まるバス路線は複数ある)。
【TEL】097-533-4500
【住所】大分市寿町2-1
【料金】展覧会により異なる。
【時間】10:00〜19:00(入館は18:30まで)
【休日】展示替え期間など(公式サイトで要確認)。
【HP】大分県立美術館「OPAM」

大分市の神社仏閣

柞原(ゆすはら)八幡宮

画像:wikipedia「柞原八幡宮」

柞原八幡宮宇佐神宮の分霊として、古くから皇族や武士たちの尊崇を受けてきた、大きな神社です。

本殿は江戸時代中期の安政年間(1854〜1860年)に再建された壮麗なもので、本殿を中心に左右の宝殿や拝殿などが並んでいます。また、参道の途中にある楼門には龍・鳥・魚・花などの彫刻が施され、一日中見ていても飽きないことから「日暮しの門」と呼ばれています。広い境内には、国指定天然記念物のクスノキやスギなどの大木が茂っています。

【アクセス】
◎JR「大分」駅から「柞原行き」のバスに乗り、終点下車。
◎JR「大分」駅から車で7.5km。
【TEL】097-534-0065
【住所】大分県大分市上八幡
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)(拝観は日中)。
【HP】柞原八幡宮

賀来(かく)神社

no-image小さいけれど、大分県で最も古い神社のひとつです。創建の年代は明らかではありませんが、景行・成務・仲哀・応神・仁徳の5代の天皇に仕え、300年生きたという伝説のある善神王にまつわる話が残っています。

善神王は耳が遠くなったこともあって、柞原八幡宮から「秋の11日間出仕せよ」と言われたのを、「その11日間以外は柞原八幡宮にいるように」と受け取ってしまいました。
以後、善神王はふだんは柞原八幡宮にいて、9月1日〜11日だけ賀来神社に里帰りすることになり、これが「賀来の市」となりました。「賀来の市」には行列などの神事が行われ、露店が並びます。

【アクセス】
◎JR「賀来」駅から2km。
◎JR「大分」駅から車で7km。
【TEL】097-549-5568
【住所】大分県大分市賀来58
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)(拝観は日中)。

万寿寺

画像:wikipedia「万寿寺(大分市)」

万寿寺大きく、静かな臨済宗の禅寺です。

1306(徳治元)年、大友氏5代目の大友貞親(さだちか)が建立し、建武年間(1334〜1338年)には禅宗五山十刹のひとつに数えられて栄えました。
戦国時代に兵火に焼かれて廃寺となっていましたが、江戸時代初期の1624(寛永元)年、当時の府内城主だった竹中重義の援助を受けて再興されました。

広い境内に本堂や仏殿などの建物が数多く並んでいます。作曲家、滝廉太郎の墓もあります。

【アクセス】JR「大分」駅から1.7km。
【TEL】097-532-5330
【住所】大分県大分市金池町5-4-2
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)(拝観は日中)。

金剛宝戒寺

no-image奈良の大仏を建立した聖武天皇の勅命により、同じく奈良の大仏を建てるために力を尽くした僧 行基がお堂を建てたのが始まりとされる、由緒あるお寺です。

空海や仏師の定朝(じょうちょう)も、訪れたことがあると伝えられています。

本尊の釈迦如来や金堂の大日如来などの仏像も見事で、なかでも暗がりのなかに浮かび上がる大日如来は威厳があり、国の重要文化財となっています。

【アクセス】JR「古国府」駅から500m。
【TEL】097-544-3804
【住所】大分県大分市上野丘2-8-27
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)(拝観は日中)。

円寿寺

no-image願掛け不動で知られる天台宗のお寺です。

山門、本堂、鐘楼、庫裏などの建物などが残っています。藩主であった日根野吉明の霊廟が裏手にあります。また、お寺のすぐ南の崖下に岩屋寺石仏があります。

【アクセス】JR「古国府」駅から750m。
【TEL】 097-543-9430
【住所】大分県大分市上野丘西23-19
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)(拝観は日中)。

大分元町石仏

no-image大分市街の南に位置する上野丘の崖のそばに立つ薬師堂内にある石仏です。古代に百済から来朝した日羅の作と伝えられていますが、実際は平安時代の作と推定されています。
凝灰岩に掘られた5体の仏像があり、なかでも中尊の薬師如来像は臼杵(うすき)の石仏の再高傑作であるホキ石仏群の阿弥陀三尊に匹敵する秀作とされています。

【アクセス】
◎JR「古国府」駅から950m。
◎JR「大分」駅から大分バスで、「元町」バス停下車、800m。
【TEL】097-537-5764(大分観光協会)
【住所】大分県大分市元町2-25
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
【料金・時間・休日】見学自由。

高瀬石仏

no-image大分川の支流の七瀬川近くの丘陵に掘られた洞窟にある国の史跡で、平安中期の作と推定されています。高さ1.8m、幅4.4m、奥行1.5mの洞窟に、大日如来を中尊として、馬頭観音、如意輪観音、大威徳明王、深沙大将(じんじゃだいしょう)の5体の石仏が刻まれています。

【アクセス】
◎JR「大分」駅から車で7.5km。
◎JR「大分」駅前から「明磧・トキハわさだタウン・上田尻・田尻グリーンハイツ行き」に乗り、「トキハわさだタウン」下車、1.3km。
【TEL】097-537-5639(大分市文化財課)
【住所】大分県大分市高瀬
【料金・時間・休日】見学自由

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

高崎山自然公園  大分マリーンパレス水族館「うみたまご」  大分城址公園  遊歩公園  大分県立美術館「OPAM」  柞原八幡宮  賀来神社  万寿寺  金剛宝戒寺  円寿寺  大分元町石仏  高瀬石仏  

「風の旅」のトップページへもどる 「大分観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 大分観光 風の旅 > ニホンザルの楽園 高崎山と大分市の観光

風の旅 大分観光風の旅