竹田は白壁が並ぶ、岡藩の城下町。作曲家 滝廉太郎の名曲「荒城の月」のモチーフとなった岡城の跡が残るなど、史跡と田園の風景が調和して美しいエリアとなっています。

【竹田へのアクセス】

1.JR「大分」駅から普通電車に乗り、「豊後竹田」駅下車(約1時間30分)。
2.JR「大分」駅から特急電車に乗り、「豊後竹田」駅下車(約1時間)。
3.JR「大分」駅前から大分バス「竹田行き」に乗り、「竹田駅前」下車(約1時間45分)。
4.大分自動車道「大分光吉IC」から39km。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

竹田の観光スポット

岡城跡

写真出典 wikipedia「岡城」

岡城跡滝廉太郎竹田市街から郊外へ寄り、白滝川と稲葉川に囲まれた場所にある城址です。断崖絶壁の深い谷に囲まれており、天下の堅城とされていました。

別名を臥牛城と言います。
源氏が平家を滅ぼした壇ノ浦の戦いで功を立てた緒方惟栄(おがた これよし)が、鎌倉時代初期の1185(文治元)年に築城し、のち緒方氏は大友氏に属したことで大友一族の志賀貞朝が入り、城を改修して岡城と名づけました。
時代は下って志賀氏は滅び、1593(文禄2)年に中川秀成が播州(兵庫県)から転封されて入城し、明治維新まで続きました。

明治時代に滝廉太郎が2年ほど竹田に暮らし、そのときに岡城跡に親しんだことから、のちに「荒城の月」を作曲するモチーフとなりました。

二の丸跡に滝廉太郎の像が、本丸跡に作詞をした土井晩翠の「荒城の月」の詩碑があります。

【アクセス】
◎JR「豊後竹田」駅前からバスに乗り、「岡城入口」下車。
◎JR「豊後竹田」駅から車で2.8km。
【TEL】0974-63-4818(竹田市教育委員会文化財課)
【住所】大分県竹田市大字竹田2761
【料金】高校生以上300円、小・中学生150円
【時間】9:00〜17:00
【休日】無休
【駐車場】120台
【HP】岡城跡(竹田市)

愛染(あいぜん)堂(願成院本堂)

写真出典 みんカラ「願成院本堂」

愛染堂岡藩中川氏の第2代、中川久盛が祈願のために建てたお堂で、国の重要文化財となっています。本尊の愛染明王は恋愛成就の仏様として知られます。願掛けをするときは、お堂のまわりを時計の針と反対に3回まわることとされています。

中川久盛は日光東照宮の建設に造営奉行として関わったことから、帰藩するとき飛騨の匠たちを連れ帰って、堂を建設させたとも伝わっています。軒の四隅に天邪鬼と人面の彫り物があり、参道入り口に十六羅漢、境内に仏足石が置かれています。

春は桜、秋には紅葉が美しいお堂です。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から650m。商店街の間からまわり込む感じで階段を上ると、わかりやすい。
【TEL】0974-63-0585(竹田市観光ツーリズム協会)
【住所】大分県竹田市大字竹田寺町
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)(拝観は日中)

滝廉太郎記念館

滝廉太郎記念館「荒城の月」「花」などで知られる滝廉太郎が、15歳で東京音楽学校(現:東京藝術大学)に入学する前、12歳から14歳までの約2年間余りを過ごした家が、ミュージアムとなっています。
滝廉太郎の生涯と業績についてハイビジョンで紹介し、直筆の楽譜や写真、描いた絵などの遺品を展示しています。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から700m。
【TEL】0974-63-0559
【住所】大分県竹田市竹田2120-1
【料金】300円
【時間】9:00〜17:00(入館は16:30)
【休日】無休
【駐車場】なし

滝廉太郎トンネル

滝廉太郎トンネル竹田市街は周囲を山々に囲まれているため、どの方向へ向かっても行き来するためのトンネルがあります。そのため昔から「蓮根(レンコン)街」と呼ばれてきました。
滝廉太郎トンネルは、そんな竹田のトンネルのひとつで、幅2.5m、長さ15mほどの小さなものです。滝廉太郎記念館の近くにあることから、そう名づけられ、中を通ると滝廉太郎が作曲した曲が流れます。

滝廉太郎トンネル竹田市街は周囲を山々に囲まれて、トンネルが多く、「蓮根街」と呼ばれてきました。
滝廉太郎トンネルは、そんな竹田のトンネルのひとつで、幅2.5m、長さ15mほどの小さなものです。中を通ると、滝廉太郎の曲が流れます。

【アクセス】滝廉太郎記念館から70m。
【料金・時間・休日】見学自由

竹田市立歴史資料館

写真出典 竹田市立歴史資料館の再開について(竹田市)

竹田市立歴史資料館岡藩やキリシタンに関係する資料を所蔵しているミュージアムです。1Fには竹田藩と岡城の資料があります。岡城の模型は精巧にできており、キリシタンの遺物と言われる青銅製の「サンチャゴの鐘」は、国の重要文化財となっています。また、2Fには竹田市ゆかりの滝廉太郎、田能村竹田、広瀬武雄の遺品が展示されています。

広瀬武夫は日露戦争の旅順港閉塞作戦で戦死した軍人で、当時「軍神」とされ、像も置かれています。
司馬遼太郎の『坂の上の雲』の中で、清廉で優しい人柄や、ロシア語に堪能であったこと。旅順港閉塞作戦では2番艦福井丸に乗っており、1番艦の千代丸がロシアの駆逐船の魚雷を受けて沈み、脱出した乗員の中に部下の杉野上等兵曹がいないのに気づいてき、「杉野! 杉野!」と声をかけながら3度も探しに行ってついに諦め、ボートで現場から立ち去ろうとしたとき、ロシアの砲弾にさらわれて姿を消したこと。ロシア人の恋人アリアズナは、戦死の知らせを聞いて、未来の夫のために喪に服したことなどが描かれており、歴史ファンの間で密かな人気が高まっています(『坂の上の雲』第3巻 p.269〜/文春文庫)。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から700m。
【TEL】0974-63-0585(竹田市観光ツーリズム協会)
【住所】大分県竹田市大字竹田町2083
【料金】高校生以上200円、小人100円
【時間】9:00〜17:00(入館は16:30)
【休日】月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日

旧竹田荘

写真出典 文化遺産オンライン「旧竹田荘」

旧竹田荘江戸時代後期の文人画家、田能村竹田(たのむらちくでん)の旧宅です。
竹田は2階の10畳の部屋を「対翠楼」と名づけ、画業に専念していました。同じく文人画家として有名な頼山陽が訪ねてきて、大いに飲んで語り合ったとも伝わっています。
現在は国の史跡となっています。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から850m。
【TEL】0974-63-9699
【住所】大分県竹田市竹田殿町
【料金】高校生以上300円、小・中学生200円
【時間】9:00〜16:30
【休日】月曜、祝日の翌日、年末年始

殿町武家屋敷

写真出典 九州旅倶楽部「殿町武家屋敷」

殿町武家屋敷竹田市殿町には、江戸時代に家老や奉行など、地位のある武士たちが住んでいた武家屋敷が何軒も残り、白壁の塀や土塀などが約250mほど続いています。
内部を見ることはできませんが、歩くだけでも昔の情趣を感じることができます。とくに秋の竹灯篭の時期には、夜の闇に光で照らされて幽玄な雰囲気となります。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から850m。
【TEL】0974-63-0585(竹田市観光ツーリズム協会)
【住所】大分県竹田市大字竹田
【料金・時間・休日】見学自由

キリシタン洞窟礼拝堂(切支丹洞窟礼拝堂)

キリシタン洞窟礼拝堂かつてキリスト教の信者たちが岩盤をドーム型にくり抜き、礼拝堂として使用していた洞窟です。

広さは約10平方m、天井は高いところで約3.5mもあり、奥に祭壇が祀られていました。近くに南蛮人宣教師を匿った「キリシタン神父の住居趾」もあります。

キリスト教が弾圧された江戸時代、この地方には15000人の信者がいたとされており、キリシタンの遺構として貴重なものです。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から1.1km。
【TEL】0974-63-0585(竹田市観光ツーリズム協会)
【住所】大分県竹田市殿町
【料金・時間・休日】見学自由

竹田湧水群

写真出典 4travel「大分・竹田水紀行」

河宇多湧水竹田には阿蘇山系から地下を流れてくる水が、あちこちで豊富に湧き出しています。なかでも河宇多(かわうだ)湧水や矢原湧水からは膨大な量の水が湧き出しており、近くの中島公園河川プールでは「名水浴」が楽しめます。
訪れるときには、ぜひ空のペットボトルを持っていきたいものです。

その他、鳴瀧神社の境内の長小野湧水は、不治の病の人が治ったという伝説があります。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から5km。。
【TEL】0974-63-0585(竹田市観光ツーリズム協会)
【住所】大分県竹田市入田
【料金・時間・休日】自由
【備考】プールでは、要水着。

白水ダム

白水ダム「大分むぎ焼酎二階堂」のCMに使用されて有名になった灌漑(かんがい)用の調整ダムで、正式名称は「白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)」と言います。
流れる水がしぶきを上げながら、なだらかな曲線を描いて流れ落ちる様は白い衣が連なるようで、自然の滝では見られない独特の光景をつくり出しています。国の重要文化財にも指定されています。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から18.5km。直前は細い道を走るので、運転には要注意。

【住所】大分県竹田市荻町大字柏原6225-3, 6225-4
【料金・時間・休日】見学自由
※渇水時には見られないこともある。

くじゅう高原

久住高原久住連山久住山と大船山の南には、標高600〜1000mのくじゅう高原が広がっています。草や花におおわれ、春はミヤマキリシマやシャクナゲなどが、秋にはススキが茂って風にそよぎます。観光牧場やミュージアム、温泉などが数多く点在し、九州でもとくに人気のある観光地となっています。詳しくは次のページへ。

大自然とレジャーと温泉を楽しむ九重連山の高原

また、久住山はトロイデ型の火山で、登山客に人気が高く、山頂からは東に大船山、南に祖母・傾(かたむき)連山、西に雲仙と島原半島、北に万年(はね)山・英彦山・由布岳などを見渡せます。

【アクセス】JR「豊後竹田」駅から各名所まで20km前後。
【HP】大自然とレジャーと温泉を楽しむ九重連山の高原

発泡性の炭酸泉、長湯温泉へ

長湯温泉

写真出典 長湯温泉(以下同)

長湯温泉お湯に含まれる炭酸ガスの濃度が高く、炭酸泉としては日本一を誇り、世界的にも稀なシュワシュワの温泉となっています。
炭酸ガスは全身の皮膚から吸収されると、血管を開いて血液の流れをよくするため、美容にも健康にも高い効果を発揮します。
旅館は芹川の渓谷沿いに並び、カジカガエルの鳴き声が聞こえ、梅雨の時期にはホタルも飛び交います。秋の紅葉もきれいです。

長湯温泉

【アクセス】 JR「豊後竹田」駅前から竹田交通バスに乗り、「長湯温泉」下車(約40分)。
※このバスは、途中で「久住」を経由するので、久住観光をしてから長湯温泉へ向かうのにもよい。
【TEL】0974-75-3111(長湯温泉旅館組合)
【住所】大分県竹田市直入町大字長湯8043-1(長湯温泉旅館組合)
【HP】長湯温泉

日帰りシュワシュワ温泉

御前の湯【御前湯/ごぜんゆ】江戸時代から続く、長湯温泉のシンボル的な温泉です。大浴場やサウナがあります。

【TEL】0974-64-1400
【住所】大分県竹田市直入町長湯7962-1
【入場料】大人(市外)500円、小学生200円
【時間】6:00〜21:00
【休】第3水曜日、メンテナンスなどの臨時休館日
【泉質】マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛病、傷、冷え性など。
【HP】御前湯


ラムネ温泉館【ラムネ温泉館】 炭酸ガス濃度1300ppmという、世界屈指の超シュワシュワで人気の温泉です。飲める湯やサウナなどもそろっています。

【TEL】0974-75-2620
【住所】大分県竹田市直入町大字長湯7676-2
【入場料】大人500円、3歳〜小学生200円
【時間】6:00〜7:00/10:00〜21:00
【休】毎月第1水曜日(1月と5月は第2水曜日)
【泉質】含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉
【効能】高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、冷え性、疲労回復など。
【HP】ラムネ温泉館


長生湯【長生湯】芹川のほとりにある市営の公共浴場です。男女別の広い内風呂があります。値段もフレンドリーで気軽に楽しめます。

【TEL】0974-75-3111(直入町観光協会)
【住所】大分県竹田市直入町長湯
【入場料】200円
【時間】6:00〜10:00
【休】無休
【泉質】含重炭酸土類泉
【効能】糖尿病、心臓病、胃腸病、五十肩、神経痛、疲労回復


ガニ湯【ガニ湯】芹川の河原にある露天風呂で、大自然を満喫できます。紅葉の季節の入浴は最高!
カニと村娘の悲恋の物語が伝わっています。

【TEL】0974-64-1400
【住所】大分県竹田市直入町長湯
【入場料】無料
【時間】24時間
【休】なし(荒天時は要警戒)
【泉質】炭酸水素塩泉
【効能】高血圧、慢性皮膚病など

長湯温泉

【アクセス】 JR「豊後竹田」駅前から竹田交通バスに乗り、「長湯温泉」下車(約40分)。
※このバスは、途中で「久住」を経由するので、久住観光をしてから長湯温泉へ向かうのにもよい。
【TEL】0974-75-3111(長湯温泉旅館組合)
【住所】大分県竹田市直入町大字長湯8043-1(長湯温泉旅館組合)
【HP】長湯温泉

【御前湯】

【TEL】0974-64-1400
【住所】大分県竹田市直入町長湯7962-1
【入場料】大人(市外)500円、小学生200円
【時間】6:00〜21:00
【休】第3水曜日、メンテナンスなどの臨時休館日
【泉質】マグネシウム・ナトリウムー炭酸水素塩泉
【効能】神経痛、筋肉痛、関節痛病、傷、冷え性など。
【HP】御前湯

【ラムネ温泉館】

【TEL】0974-75-2620
【住所】大分県竹田市直入町大字長湯7676-2
【入場料】大人500円、3歳〜小学生200円
【時間】6:00〜7:00/10:00〜21:00
【休】毎月第1水曜日(1月と5月は第2水曜日)
【泉質】含二酸化炭素ーマグネシウム・ナトリウム・カルシウムー炭酸水素塩泉
【効能】高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、冷え性、疲労回復など。
【HP】ラムネ温泉館

【長生湯】

【TEL】0974-75-3111(直入町観光協会)
【住所】大分県竹田市直入町長湯
【入場料】200円
【時間】6:00〜10:00
【休】無休
【泉質】含重炭酸土類泉
【効能】糖尿病、心臓病、胃腸病、五十肩、神経痛、疲労回復

【ガニ湯】

【TEL】0974-64-1400
【住所】大分県竹田市直入町長湯
【入場料】無料
【時間】24時間
【休】なし(荒天時は要警戒)
【泉質】炭酸水素塩泉
【効能】高血圧、慢性皮膚病など

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

岡城跡  愛染堂(願成院本堂)  滝廉太郎記念館  滝廉太郎トンネル  竹田市立歴史資料館  旧竹田荘  殿町武家屋敷  キリシタン洞窟礼拝堂(切支丹洞窟礼拝堂)  竹田湧水群  白水ダム  くじゅう高原  長湯温泉  御前湯  ラムネ温泉館  長生湯  ガニ湯  

「風の旅」のトップページへもどる 「大分観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 大分観光 風の旅 > 滝廉太郎ゆかりの竹田と、シュワシュワの長湯温泉

風の旅 大分観光風の旅