宮古島の青い海と白砂のビーチを満喫する

宮古島

宮古島宮古島は、沖縄本島の南西約300km、石垣島の東北東約130kmの距離に位置し、本島よりも強い日射しに恵まれ、温暖です。沖縄県の島としては比較的大きく、面積は本島、西表島、石垣島に注いで4位となっています。島全体は平坦で最も高いところでも114mしかなく、その多くはさとうきび畑となっています。街は平良(ひらら)港を中心に発達して活気があり、沖縄料理や土産物店が並んでいます。
宮古島の最大の魅力は、沖縄一美しいと言われる海岸線。エメラルドグリーンに輝く海と白い砂浜のビーチに恵まれ、さまざまなマリンスポーツを楽しむことができます。本島以外のリゾートアイランドとしては宮古島と人気を二分する石垣島と比べても、ビーチの多さや利用のしやすさは宮古島に軍配が上がるでしょう。また、橋でつながる周辺の離島が多くてレンタカーで気軽にまわれるのもこの島の面白いところであり、さらにハブがいないこともメリットになっています。

【宮古島の風景】

砂山ビーチ

砂山ビーチ

名前の通り、砂山の先に美しいビーチが広がっています。穴の開いた岩が独特の光景をつくり出しています。

 前浜ビーチ

前浜ビーチ

宮古島を代表するビーチです。白い砂浜が7kmも続いています。時間帯によっては潮流に注意が必要です。

イムギャーマリンガーデン

イムギャーマリンガーデン

天然の入江となっており、地上には散策コースがあります。スキューバダイビングの講習などに利用されます。

新城海岸

新城(あらぐすく)海岸

群生するサンゴが近くにあります。水中眼鏡つきの海水浴で、十分に熱帯魚を眺めることができます。

カクレクマノミ

カクレクマノミ

サンゴ礁で見られる代表的な魚の一種です。イソギンチャクと同居することで、見を守っています。

ソライロイボウミウシ

ソライロイボウミウシ

体色は水色を帯びた白で突起の先端は黄色くなっており、黒い線が縦に走っています。宮古島周辺でよく見ます。

サンゴ礁

サンゴ礁

植物に見えますが、実はイソギンチャクに似た小さな生き物の群生です。魚介類の住処となります。

シマハギ

シマハギ

熱帯から亜熱帯の海のサンゴ礁や岩礁でよく見かけます。大きな群れをつくって生活しています。

東平安名岬

東平安名岬(ひがしへんなざき)

宮古島の東端に突き出た岬です。太平洋と東シナ海に臨む光景は、日本都市公園百景に指定されています。

 西平安名岬

西平安名岬(いりへんなざき)

宮古島西部に位置する、穏やかな地形の岬です。岬の中ほどには、宮古馬の放牧場があります。

島尻のマングローブ

島尻(すまじい)のマングローブ

宮古島で最大規模のマングローブで、ヒルギなどが群生しています。遊歩道を歩いて回ることができます。

人頭税石

人頭税石

高さ1.43mの石です。1609年から約300年間、子どもがこの背丈まで成長すると税を課せられました。

オオゴマダラ

オオゴマダラ

羽を開くと13cmにもなる大きなチョウです。サナギは金色の金属光沢があることで知られています。

 ブーゲンビリア

ブーゲンビリア

中南米原産の花で、沖縄では広く見られます。鮮烈な赤色のほか、紫や黄色や白の花もあります。

さとうきび畑

さとうきび畑

土地が平坦な宮古島では、至るところがさとうきび畑となっています。汁をしぼったものが黒糖です。

アダン

アダン

熱帯から亜熱帯にかけて自生します。葉の繊維は、ゴザやゾウリにされてきました。実は食用には適しません。

【アクセス】
◎日本航空・日本トランスオーシャン航空の便で、那覇空港から久米島空港まで約30分。
◎現地の町営バスは本数が少ないため、レンタカーが便利です。
【TEL】0980-73-1881(宮古島観光協会)
【HP】宮古島観光協会

観光 More Infomation

吉野海岸

豊かなサンゴ礁が形成され、満潮時にはシュノーケリングのポイントとなります。干潮時は泳ぐのに適しません。

保良泉(ボラガー)ビーチ

保良川パラダイス・ビーチ・パークの前のビーチです。マリンスポーツの設備が充実しています。

パイナガマビーチ

宮古島市の中心部に位置し、地元民の気軽な海水浴場なっています。夏はハブクラゲネットも設置されます。

シギラビーチ

シギラベイスウィートアラマンダホテルの近くのビーチで、自由に入れます。マリンレジャーを気軽に楽しめます。

川満マングローブ(ウプカーマングローブ)

川満漁港の大川(ウプカー)河口に広がるマングローブです。遊歩道が整備されています。

宮古島市熱帯植物園

沖縄県の島々に自生する植物を集めて育て、樹木の数は約1600種、約4000本もあります。織物や陶芸、郷土料理の体験ができる体験村が設置されています。

宮古諸島の島々へ

伊良部(いらぶ)島

伊良部島伊良部島は、宮古島の西に位置するアボガド型の島です。宮古郡島の中では宮古島に次いで大きく、カツオ漁などの漁業やサトウキビ栽培とそれを原料とする製糖などの産業がさかんです。沖縄の中でもとくに美しいとされる宮古島に比べても観光客の数が少ないため、昔からの沖縄の風景が色濃く残っています。また、渡久地(とくち)の浜は白砂が続き、佐和田の浜は奇岩が見られ、特色あるビーチとなっています。

【アクセス】
◎宮古島から伊良部大橋を通って車で行く。宮古空港から直行のバスはなく、平良港まで行き、平良港バスターミナルから伊良部島へ向かう。
◎レンタカーで、平良港から伊良部島まで8.5km。
【HP】伊良部島ねっと

下地(しもじ)島

通り池

通り池伊良部島の西に寄り添うように位置する小島です。伊良部島とは、橋で結ばれています。島の西側に通り池というスポットがあり、水深30〜40mの大小2つの池と海が海の中でつながって、ダイバーに人気のスポットとなっています。
この池には、ユナイタマ(人魚)伝説が残されています。ある漁師が海でユナイタマを捕まえ、半分を料理にしました。その夜、「ユナイタマよ、帰っておいで」という声が聞こえました。ユナイタマは「体の半分を食べられてしまって、もどれません」と答えました。「それなら大きな波を送るから、その波に乗って帰っておいで」という声がしました。そして、下地島は津波に襲われ、そのあとにできたのが、写真の「通り池」だという話です。

【アクセス】路線バスは走っていないので、レンタカーが基本。もしくは伊良部島の佐良浜港周辺からタクシー。

池間(いけま)島

八重干瀬のテーブルサンゴ宮古島の北に位置する小さな島で、宮古島とは橋でつながれています。カツオ漁がさかんで、宮古郡島のカツオ節の約8割をこの島で生産しているため、5月〜10月のシーズンにはカツオをいぶす、おいしそうな匂いが漂ってきます。
島の北西は広大なサンゴ礁となっており、ダイビングポイントして高い評価を受けています。また、毎年、旧暦3月3日になると大きく潮が引き、八重干瀬(やびじ/やえびし)が現れます。

【アクセス】
◎路線バスは走っていないので、レンタカーが基本。
◎ダイビングの場合は、各ショップに問い合わせ。

来間(くりま)島

来間島宮古島の南西に浮かぶ小島で、サトウキビ栽培と漁業が主要産業となっています。島の西側に広がる長間浜は、ほとんど観光客が来ない穴場のビーチとなっています。夕日の美しいビーチとしても知られています。

【アクセス】
◎宮古島とは来間大橋で結ばれており、レンタカーで平良港から12km。
◎1日2便、路線バスがある。
【HP】宮古協栄バス

多良間(たらま)島

多良間島多良間島は宮古島と石垣島のほぼ中間に位置する楕円形の島です。直径は長いところで5km、短いところで4kmほど。周囲はサンゴ礁に囲まれた砂浜となっています。
島は最も高いところでも33mほどしかなく、台風に襲われるとその影響をもろに受けるため、フクギ、アダン、モクマオウなどの樹々が至るところに植えられて防風林とされ、美しい風景をつくり出しています。琉球王朝時代には流刑地とされ、今でも流人にまつわる史跡や芸能が伝わっています。

【アクセス】
◎宮古空港から琉球エアコミューターの空路を利用し、約20分。
◎宮古島の平良港からフェリーで約2時間。
◎現地の足はレンタカー・レンタル自転車。
【HP】多良間ねっと

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

砂山ビーチ  前浜ビーチ  イムギャーマリンガーデン  保良泉ビーチ  パイナガマビーチ  シギラビーチ  新城海岸  吉野海岸  東平安名岬  西平安名岬  島尻のマングローブ  川満マングローブ   人頭税石  宮古島市熱帯植物園  伊良部島  下地島  池間島  来間島  多良間島  

「風の旅」のトップページへもどる 「沖縄観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 沖縄観光 風の旅 > 沖縄を代表するリゾートアイランド、宮古島

風の旅 沖縄観光風の旅