沖縄本島中北部の本部半島には沖縄美ら海水族館を始め、さまざまなテーマパークが集まっています。今帰仁城跡などの史跡も数々あります。

本部半島の観光スポット

沖縄美ら海水族館&海洋博公園

沖縄美ら海水族館沖縄美ら海水族館は、沖縄県本部町の国営沖縄記念公園(海洋博公園)内にある水族館です。「美ら海」は「ちゅらうみ」と読み、字の通り、「美しい海」を意味します。計80近い数の水槽には、近海から沖合や深海まで、沖縄周辺の海の中が再現されています。とくに人気の大水槽は世界最大級の規模を誇り、ジンベエザメ、ナンヨウマンタなど多くの魚がいます。この水族館ではとくにサメ類やエイ類に力を入れており、試行錯誤を繰り返しながら、繁殖と飼育の方法を探っています。水槽展示のほか、イルカショーや生き物に触れられるタッチプールも人気があります。
なお、水族館がある海洋博公園は沖縄返還から3年後の1975年に開幕した沖縄国際海洋博覧会の会場跡地を整備した、広大な公園です。珍しい植物を集めた熱帯・亜熱帯都市緑化植物園や海洋文化館、プラネラリウムなどの施設があり、丸一日楽しむことができます。

沖縄美ら海水族館の水槽(例)

【サンゴの海】太陽光と天然の海水を利用する世界初の「オープンシステム」で、サンゴを飼育しています。約70種800群体の造礁サンゴが、とてもきれいです。
【熱帯魚の海】岩場、砂地、洞窟など沖縄近海を再現し、サンゴとともに美しい熱帯魚を展示しています。
【黒潮の海】さまざまな方向から観覧できる容量7500立方mの大水槽の中に、サメ類、エイ類をはじめ70種もの魚が飼育されています。巨大なジンベエザメやマンタが悠然と泳ぐ姿は圧巻です。
【深海への旅】多くの水槽に分けて、深い海に住む魚、カニ、エビ、イソギンチャクなどの生き物を展示しています。

【アクセス】
◎那覇空港から高速バスか路線バスで「名護バスターミナル」へ行き、乗り換えて「記念公園前」下車(約3時間〜3時間半)。
◎那覇空港からやんばる急行バスに乗り、「記念公園前下車(乗り換えなしで約2時間20分)。
◎車で那覇空港から96km。
【TEL】
0980-48-3748(沖縄美ら海水族館)
0980-48-2741(海洋博公園管理センター)
【住所】沖縄県国頭郡本部町字石川424番地
【時間】
10月〜2月 8:30〜18:30(入館は17:30まで)
3月〜9月 9:00〜20:00(入館は19:00まで)
【休日】12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)
※海洋博公園全体が休園となります。
【HP】
沖縄美ら海水族館
海洋博公園

備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木沖縄美ら海水族館にほど近い備瀬地区は、一歩足を踏み入れると青々とした葉が生い茂るフクギが緑のトンネルとなって、どこまでも続いています。フクギ並木の高さは約15m。210世帯500人が住む集落のほとんどを取り囲み、南北約1kmにわたって約2万本が並んでいます。

フクギが選ばれたのは「福を呼ぶ木」ということで縁起がよく、砂地でも育ち、葉が茂ってよく陽射しをさえぎる上に厚くて水分を多く含み、防火にもよいためでした。その代わり成長は遅く、植えられたのは250年以上前の琉球王国時代と推測されています。台風の通り道にあたる沖縄では防風林で家屋を守ってきたため、このような風景は昔は沖縄県のあちこちで見られましたが、戦火による焼失や住環境の近代化によって、備瀬地区のような規模の並木は貴重な存在となっています。
木漏れ日が射し込むフクギの下は夏の炎天下でも涼しく、歩いているだけで癒されます。迷路のように複雑な緑のトンネルを抜けた先に見えるエメラルドグリーンの海は、感動ものです。

【アクセス】
◎ 「備瀬入口」バス停から750m。
◎沖縄美ら海水族館から1km。
【TEL】0980-47-2101(本部町役場)
【住所】沖縄県国頭郡本部町備瀬
【HP】本部町役場

今帰仁(なきじん)城跡

今帰仁城跡今帰仁城は、琉球王国が成立する以前、13〜14世紀の頃、沖縄本島北部を支配した北山(ほくさん)の国王の居城で、北山城とも呼ばれます。面積は約3万8000平方mと首里城に次ぎ、首里城や中城(なかグスク)城とともに、沖縄の三名城と称えられています。

正面の平郎門から入ると石畳に続き、長い石段があります。この石段は1959(昭和34)年につくられた新しいもので、元の階段は右手の旧道です。階段を上り切ると、客人を迎えるのに使われた、大庭(うーみゃー)という広場に出ます。さらに進むと主廓跡で、建物の柱の跡が残されています。主郭跡の北側は御内原(うーちばる)と呼ばれる廓で、展望台となっています。遠くの島々を眺め、波打つように城を取り囲む城壁を見下ろすことができます。城壁は自然の地形に合わせて石灰岩を積み上げたもので、無造作に積み上げられた印象ですが、非常に堅牢です。

今帰仁城跡は、その史跡としての価値を高く評価され、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、世界文化遺産に登録されています。また、道路沿いや正面の平郎門をくぐったところに続くヒカンザクラの並木は1月中旬から2月にかけて美しい花を咲かせ、桜の名所となっています。

【アクセス】
◎バスは本部循環線「今帰仁城跡入口」下車、1.3km。
◎沖縄美ら海水族館から7km。
【TEL】0980-56-4400(今帰仁村グスク交流センター)
【住所】沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101
【HP】今帰仁城跡

古宇利(こうり)大橋

古宇利大橋本部半島からは沖に浮かぶ屋我地島(やがじしま)を経て、古宇利島まで、橋を渡っていくことができます。屋我地島と古宇利島の間には全長2020mの古宇利大橋がかかっており、青い海の上を走る爽快感から人気のドライブコースとなっています。

【アクセス】
◎今帰仁城跡から12.5km。
◎沖縄美ら海水族館から17km。

古宇利島

古宇利島古宇利島は本部半島の海上に位置し、琉球石灰岩から成る小さな島です。円形をしており、直径は約2km、周囲は約8kmです。島の産業は農業と漁業がメインで、紅イモとウニが名産品です。
この小さな島には沖縄版アダムとイブとでも言うべき伝説が伝わっているため、今、沖縄のひそかな人気スポットとなっています。
また、古宇利島は、琉球王国を開いた第二尚氏の始祖・尚円王が生まれた「王の島」でもあります。観光スポットとしては、透き通った水がすばらしい古宇利ビーチや、島の最北部にあるハート型の岩、ハートロックがあります。また、古宇利オーシャンタワーにはショップやレストランが入っています。

古宇利島のアダムとイブ伝説

昔々古宇利島に男の子と女の子が住んでいた。二人は裸だったが恥ずかしいという気持ちもなく、毎日天から神様が降らしてくれる餅を食べていた。しかし二人はある日食べ残した餅を蓄えることを覚え、それを知った神はその日から餅を降らすのをやめてしまう。二人は嘆き悲しみ、月に向かって何度も祈ったが聞き入れられず、生きるために男の子は漁に、女の子は畑に出て働かなくてはならなくなった。(中略)
ある時二人は浜辺でザン(ジュゴン)が交尾しているのをみて、初めて男女の交わりを知り、お互い裸でいることが恥ずかしくなり、クバの葉で性器を覆うようになった。古宇利島の住民はこの二人の子孫であり、ここから琉球の島々に人が増えていったという」(『沖縄県国頭郡志』による)。

【アクセス】
◎今帰仁城跡から14.5km。
◎沖縄美ら海水族館から19.5km。

伊江島

伊江島伊江島は本部半島の西北の海上に浮かぶ小さな島です。中心に標高172mのイージマタッチューが位置し、島内のどこからでも眺めることができます。春には100万株ものテッポウユリが咲く「花の島」として知られています。

【アクセス】
◎本部港から村営フェリーで約30分(1日4便)。
◎島内をめぐるのは、レンタカーやレンタル自転車が便利。
【HP】伊江島観光協会

ナゴパイナップルパーク

ナゴパイナップルパークパイナップルは南米原産のフルーツで、1888年に沖縄県に伝わりました。その後、1927年に現在の主力栽培品種であるスムースカイエン種の栽培が始まり、さとうきびとともに沖縄県を代表する農作物となって、現在に至っています。ナゴパイナップルパークではパイナップルが数多く栽培され、果肉やジュース、パイナップルを使ったワインなどを味わえます。工場見学もできます。

【アクセス】
◎名護バスターミナルから、沖縄海洋博公園・美ら島水族館方面行きのバス「70番」「76番」に乗り、「名桜大学前」で下車すぐ。
◎今帰仁城跡から14.5km。
◎沖縄美ら海水族館から15.5km。
【TEL】0980-53-3659
【住所】沖縄県名護市為又1195
【時間】9:00〜18:00(入場は17:30まで)
【休日】年中無休
【HP】ナゴパイナップルパーク

OKINAWAフルーツらんど

OKINAWAフルーツらんどOKINAWAフルーツらんどは絵本の世界を旅する感覚で、南国の自然を楽しむテーマパークです。園内にはフルーツゾーンのほか、金色の蛹が美しいオオゴママダラが舞う蝶ゾーン、カラフルなインコたちと触れ合えるバードゾーンなど楽しみがいっぱい。フルーツカフェでは南国のスイーツを味わうことができます。

【アクセス】
◎名護バスターミナルから、沖縄海洋博公園・美ら島水族館方面行きのバス「70番」「76番」に乗り、「名桜大学前」で下車、150m。
◎今帰仁城跡から14.5km。
◎沖縄美ら海水族館から15.5km。
【TEL】0980-52-1568
【住所】沖縄県名護市為又1220-71
【時間】9:00〜18:00
【休日】年中無休
【HP】OKINAWAフルーツらんど

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

沖縄美ら海水族館&海洋博公園  備瀬のフクギ並木  今帰仁城跡  古宇利大橋  古宇利島  伊江島  本部港  ナゴパイナップルパーク  OKINAWAフルーツらんど  

「風の旅」のトップページへもどる 「沖縄観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 沖縄観光 風の旅 > 沖縄美ら海水族館と本部半島

風の旅 沖縄観光風の旅