唐津・呼子は佐賀県を代表する漁港の町。新鮮でおいしい魚介類に恵まれています。大陸との窓口になっていた史跡も多く残されています。

▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

イカを食べに呼子へ!

呼子の朝市

写真出典 古い町並み、茅葺き屋根,日本棚田百選,風景、廃家、花の写真紀行「呼子朝市」

呼子朝市呼子朝市呼子は唐津市の一部で、東松浦半島の北端に位置する漁港の町。呼子で揚がるアジ・サバ・タイ・ブリなどは玄界灘の荒波に揉まれて身が引き締まり、中でもイカの美味しさは有名です。

せっかくなので、普通の刺身ではなく、ぜひ「活き造り」を注文してください。殻から取り出したばかりのウニも最高です。
朝市では生の魚介類はもちろん、干物なども買うことができます。宅配便で送って、お土産にしても喜ばれます。

【アクセス】
◎長崎自動車道「多久」ICから43km。
◎JR「唐津」駅から16km。
◎JR「唐津」駅大手口から400m北の唐津バスセンターより呼子行きに乗り、「呼子」下車。
【TEL】0955-82-3426(呼子観光案内所)
【住所】佐賀県唐津市呼子町呼子 朝市通り
【時間】7:30〜12:00(店により異なる。)
【休日】年始
【駐車場】128台(有料)、無料駐車場もあるが、わかりにくい。

呼子大橋

写真出典 空 sora そら「呼子大橋」

呼子大橋呼子大橋は九州本土と加部島を結ぶ、長さ727.8mの道路橋です。優美な姿が青い海に映えて美しく、玄界灘観光のポイントとなっています。
かなりの高さから海を見下ろしながらのドライブは、爽快です。

呼子側の弁天駐車場に車を止めると、呼子大橋の下の弁天島へと続く遊歩橋を歩くことができます。干潮時には磯遊びもできます。

【アクセス】
◎JR「唐津」駅から17km。
◎バス「呼子大橋」下車。
【TEL】0955-82-3426(呼子観光案内所)
【住所】佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦
【料金】通行無料
【駐車場】両側にあり。

風の見える丘公園

写真出典 呼子.net「風の見える丘公園」

風の見える丘公園加部島の小高い丘の上にある公園です。白い風車が立ち、園内は四季の花々で彩られています。呼子大橋を見下ろすビュースポットとなっています。

【アクセス】JR「唐津」駅から19km。
【TEL】0955-82-5159
【住所】佐賀県唐津市呼子町加部島3279−1
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
【休日】火曜日、年末年始(立入と展望は可能)
【駐車場】60台(無料)

名護屋城跡

写真出典 wikipedia「名護屋城」

名護屋城名護屋城は、豊臣秀吉による朝鮮出兵の拠点です。5層の天守閣がそびえ、大坂城と並び称される立派な城でした。

当時、城は本丸・二の丸・三の丸・山里丸の4つの主廓と、大小11の曲輪から成り、5ヶ所の城門がありました。しかし、1598(慶長3)年、豊臣秀吉の死によって朝鮮出兵は中止され、名護屋城の資材は唐津城に再利用されたと言われています。
さらに1637(寛永14)年、島原・天草一揆が起きました。このとき江戸幕府は一揆勢が城に立てこもるのを恐れ、石垣の要所を破壊して井戸を埋めたため、城は完全に廃墟と化しました。

現在、天守閣などは失われ、石垣や礎石などが残るのみ。豊臣秀吉の野望の跡が、荒涼と広がっています。

【アクセス】JR「唐津」駅から17km。
【TEL】0955-82-4905(名護屋城博物館)
【住所】佐賀県唐津市鎮西町名護屋1931-3
【料金】歴史遺産維持協力金100円(任意)
【時間・休日】見学自由

名護屋城博物館

写真出典 wikipedia「名護屋城博物館」

名護屋城博物館名護屋城後の近くにある博物館です。「日本列島と朝鮮半島の交流史」をテーマとしています。

展示は「名護屋城以前」「名護屋城以後」「歴史の中の名護屋城」「特別史跡名護屋城跡並びに陣跡」の4コーナーから成ります。
なお、この館は豊臣秀吉の朝鮮出兵を侵略戦争と位置づけ、その反省を踏まえて、朝鮮半島人々との友好・交流の拠点として設立されたもので、解説の姿勢に共感できない人も多いようです。しかし、それはそれとして展示内容は相当に充実しています。

【アクセス】JR「唐津」駅から17km。
【TEL】0955-82-4905(名護屋城博物館)
【住所】佐賀県唐津市鎮西町名護屋1931-3
【料金】無料(特別企画展は有料)
【時間】9:00〜17:00(入館は16:30まで)
【休日】月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜31日
【駐車場】50台
【HP】佐賀県立名護屋城博物館

波戸(はど)岬

写真出典 国民宿舎波戸岬支配人の日記

波戸岬台地を形成する玄武岩が玄界灘に突出した岬で、緩やかなスロープは草に覆われ、先端には白い灯台が立っています。

語呂合わせでハート岬とされ、ハート型のモニュメントが置かれています。

屋台が出ており、サザエのつぼ焼きやイカ焼きが名物となっています。また、海中展望塔からは、海藻が揺らぎ、魚たちが泳ぐ、玄界灘の海の中を楽しむことができます。

【アクセス】
◎JR「唐津」駅から21.5km。
◎バス「波戸岬」下車。
【TEL】0955-82-3426(呼子観光案内所)
【住所】佐賀県唐津市鎮西町波戸
【玄界海中展望塔】
【料金】大人550円、小・中学生270円
【時間】9:00〜18:00(10〜3月は〜17:00)
【休日】年中無休 (荒天時は休業あり)
【駐車場】あり

七ツ釜

写真出典 wikipedia「七ツ釜」

七ツ釜玄界灘に面した玄武岩の断崖に、7つの穴が並んでいます。中央の穴が最も大きく、間口の幅3m・高さ3m・奥行き110mあります。遊歩道が整備され、近づくことができます。
遊覧船も出ており、波が静かなときには近くことができます。コンディションがよければ、洞窟の中まで入ることができます。

【アクセス】
◎JR「唐津」駅から17km。
◎バス「七ツ釜」下車。
【TEL】0955-82-3426(呼子観光案内所)
【住所】佐賀県唐津市屋形石
【駐車場】約50台(無料)
遊覧船(マリンパル呼子 イカ丸)
【TEL】0120-425-194/0955-82-3001(マリンパル)
【住所】佐賀県唐津市呼子町 マリンパル
※マリンパルは呼子の街にあります。
【料金】中学生以上 1600円、小学生800円
【出航時間】9:30 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30 16:30(所用40分間)
【休日】無休
【HP】マリンパル呼子 イカ丸(遊覧船)

唐津市街の観光

唐津城

唐津城唐津藩主の寺沢広高が、名古屋城の解体資材を利用して、江戸時代初期に完成した城です。

のち城主は大久保氏、松平氏、土井氏、水野氏、小笠原氏と変わっていきました。
1871(明治4)年の廃藩置県とともに解体され、周辺は公園となっています。

1966(昭和41)年に天守閣が再建され、唐津市のシンボルとなっています。

最上階からは、唐津の町や美しい海の景色を楽しめます。春は桜やフジの花で彩られます。

【アクセス】JR「唐津」駅から2.4km。
【TEL】0955-72-5697
【住所】佐賀県唐津市東城内
【料金】入城料一般 410円、小・中学生200円、未就学児無料
【時間】9:00〜17:00(季節などにより変動あり)
【休日】12月29日〜12月31日
【駐車場】あり(有料)

唐津神社

写真出典 wikipedia「唐津神社」

唐津神社奈良時代に創建されたと伝えられる古社です。

古代に神功皇后が新羅遠征の戦勝を祈願して宝鏡を海神に捧げたものを、地頭の神田宗次が海岸で発見して祀ったのに始まるとされ、地元の人々の信仰を集めてきました。年間の祭りには、かなりの人出があります。

秋祭りの「唐津くんち」は、九州観光の名物のひとつとなっています。

【アクセス】JR「唐津」駅から1km。
【TEL】0955-72-2264
【住所】佐賀県唐津市南城内3-13
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)

曳山展示場

写真出典 旅スケ「からつ曳山展示場の旅行情報」

曳山展示場唐津の祭りの代表「唐津くんち」の主役である曳山(やま)を、年間を通して展示してあります。粘土の原型や木型の上に和紙を数百回も貼り重ね、赤や金銀の漆を塗り重ねて彩色したもので、迫力があります。

【アクセス】JR「唐津」駅から1km。
【TEL】0955-73-4361
【住所】佐賀県唐津市西城内6-33
【料金】15歳以上300円、4〜14歳150円
【時間】9:00〜17:00
【休日】12月の第1火曜・水曜、11月3日、4日(唐津くんち巡行のため)、12月29日〜12月31日
【駐車場】あり

旧高取邸

写真出典 宮島醤油「旧高取邸に想う」

旧高取邸杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好(これよし)氏の旧宅で、約2300坪の広大な敷地に居室棟と大広間棟が建っています。能舞台や和洋折衷の応接間、杉戸絵や欄間など見どころが多く、国の重要文化財となっています。

【アクセス】JR「唐津」駅から1.9km。
【TEL】0955-75-0289
【住所】唐津市北城内5-40
【料金】15歳以上510円、小・中学生250円
【時間】9:30〜17:00(入館は16:30まで)
【休日】月曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日〜1月3日
【駐車場】あり(駐車券を入館受付で提示すると、1時間無料)
※連休や年末年始には、特別開館することもある。以下から要確認。
【HP】唐津市文化事業団「旧高取邸」

虹の松原

写真出典 wikipedia「虹の松原」

虹の松原東唐津の浜辺に、長さ約4.5km・幅約1kmにわたって約100万本のクロマツが密生する景勝地です。静岡県の三保の松原、福井県の気比の松原とともに日本三大松原のひとつに数えられています。

江戸幕府成立前後の慶長年間(1596〜1615年)、唐津藩初代藩主の寺沢広高が、防風・防潮のためにクロマツを植林したのが始まりとされています。

【アクセス】JR「虹の松原」駅下車。
【TEL】 0955-72-9127(唐津市観光課)
【住所】佐賀県唐津市東唐津
【料金・時間・休日】立入自由
【時間】9:00〜17:00
【駐車場】300台(無料)

鏡山展望台

写真出典 wikipedia「鏡山 (佐賀県)」

鏡山展望台からの俯瞰鏡山展望台からの俯瞰鏡山は唐津市の東部にある屋根型の山です。展望台からは虹の松原が眼下に見えて、玄界灘まで一望できます。

なお、鏡山の名は、神功皇后が新羅遠征の戦勝を祈願して、宝鏡を納めたという伝説からつきました。唐津神社の伝承と重なっています。

【アクセス】JR「唐津」駅から9.3km。
【TEL】 0955-72-9127(唐津市観光課)
【住所】佐賀県唐津市鏡
【料金・時間・休日】立入自由
【駐車場】あり

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

呼子の朝市  呼子大橋  風の見える丘公園  名護屋城跡  名護屋城博物館  波戸岬  七ツ釜  マリンパル(遊覧船)  唐津城  唐津神社  曳山展示場  旧高取邸  虹の松原  鏡山展望台  

「風の旅」のトップページへもどる 「佐賀観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 佐賀観光 風の旅 > 新鮮な魚介がおいしい漁港の町、唐津・呼子

風の旅 大分観光風の旅