▼地図は一番下にあります。

★料金・時間・休日などについては変更されることがあります。必ず公式HPまたは自治体のサイトで確認してください。
★入場・入館時間は、多くの場合、終了30分前までです。
★アクセス方法については、比較的わかりやすいものを掲載しています。ほかにもルートがある場合があります。

吉野ヶ里遺跡へ行こう!

吉野ヶ里歴史公園

吉野ヶ里遺跡吉野ヶ里遺跡は日本列島に原始的なクニが誕生し、倭国大乱を経て邪馬台国や大和朝廷へ至る歴史の中で、最も大規模な遺跡です。この吉野ヶ里遺跡をベースに吉野ヶ里歴史公園が設置され、発掘調査後に復元された櫓(やぐら)や住居、倉庫、外敵の侵入をはばむ塀などが再現されています。また、出土品やそのレプリカが展示室に展示されています。

吉野ヶ里遺跡から出土した遺物は、弥生時代から古墳時代にかけてのもので、中には奈良・平安時代や近世のものもあり、広い時代区分にまたがっています。しかし、メインは紀元前5世紀から紀元後3世紀頃の弥生時代と言ってよいでしょう。日本で稲作の文化が始まり、定住文化が根づいた日本の文化の原点とも言える時代です。

【復元された遺跡】

物見櫓

物見櫓

環壕の張り出した部分に建てられていました。敵襲に備えて、兵士が厳重に見張っていたと考えられています。

主祭殿

主祭殿

遺跡の中心的な建物です。会議を行ったり、祖先の霊への祈りや祀りを行ったりしたと思われます。

甕棺

甕棺

大型の素焼きの土器です。この中に亡くなった人の手足を折り曲げて入れ、土の中に埋めていました。

駅はどこ?

JR長崎本線の「吉野ヶ里公園駅」で下車します。駅からは田園ののどかな道を1.5kmほど歩きます。

見学にかかる時間は?

見学者は公園内を歩いてめぐることになります。所要時間は短い人で2時間ほど。丁寧に見てまわったり、体験プログラムに参加したりすれば、3〜4時間以上かかるでしょう。

食事はどこで?

吉野ヶ里遺跡公園の中にレストランがあります。ご飯には古代米の赤米が使われて、弥生人気分を味わえます。周辺は農村地帯ですが、多少は食事処もあります。

どんな体験プログラムがあるの?

さまざまなプログラムがあります。対象年齢より下の子どもでも、保護者の同伴があれば参加できます。

<例>
勾玉づくり
:40分〜2時間程度/200〜250円(色により異なる)/小学校高学年以上。
火おこし:30分程度/100円/小学校高学年以上。雨天・強風時には「土笛づくり」に変更。
土笛づくり:45分程度/100円/小学校高学年以上。雨天・強風時のみ実施。
※このほか事前予約制で、布や楽器などをつくるコースもあります。詳しくは、公式サイトから確認してください。
※プログラムは変更される場合もあります。

【HP】吉野ヶ里歴史公園「体験プログラム」

吉野ヶ里遺跡は、古代のクニのどこにあたるの?

『魏志倭人伝』による、朝鮮半島から邪馬台国までは次のような道のりとなります。
帯方郡(現在の韓国ソウル付近)→狗邪韓国(朝鮮半島南端)→対馬国(対馬)→一支国(壱岐)→末盧国→伊都国→奴国(福岡県志賀島から金印が出土)→不弥国→投馬国→邪馬台国
このうち奴国までは「ほぼ、ここだろう」と考えられている場所があります。しかし、その先はわかりません。吉野ヶ里遺跡については、不弥国とする説や、ズバリ邪馬台国とする説もありますが、本当のことはまだわかっていません。

【アクセス】
◎JR「吉野ヶ里公園」駅から1.5km。
※九州新幹線は「新鳥栖」駅で乗り換え。
◎JR「佐賀」駅前のバスセンターからバスで約40分。
【TEL】0952-55-9333(吉野ヶ里公園管理センター)
【住所】佐賀県神埼郡吉野ヶ里町田手1843
【料金】15歳以上420円、小・中学生80円、6歳未満無料、65歳以上200円
【時間】
◎9月1日〜5月31日 9:00〜17:00
◎6月1日〜8月31日 9:00〜18:00
【休日】12月31日、1月の第3月曜日とその翌日
【駐車場】あり(有料)
【HP】吉野ヶ里歴史公園

吉野ヶ里遺跡の周辺

櫛田宮

写真出典 wikipedia「櫛田宮」

櫛田宮古代の景行天皇が筑紫巡行した際、荒ぶる神を祀ったのに始まると伝えられています。

この神社を建てたところ災厄がなくなり、この地を「神幸(かむさき)」と称したことが、現在の神埼の地名の由来です。

規模は小さいですが、朝廷からの尊崇も篤く、江戸時代には鍋島家の保護を受けてきた古社です。

【アクセス】
◎JR「吉野ヶ里公園」駅から3km。
◎JR「神埼」駅から1km。
【TEL】0952-52-3016
【住所】佐賀県神埼市神埼町神埼419-1
【料金・時間・休日】境内への立入自由(志納)
【HP】櫛田宮

横武クリーク公園

写真出典 アトリエウイズのオーダーメイド日記「横武クリーク公園(佐賀・神崎市)」

横武クリーク公園横武クリーク公園佐賀平野は川が多く、昔は川と川を結んで灌漑・排水・水運などに役立てるクリーク(水路)が発達していました。そんなクリークを利用したのが、横武クリーク公園です。

公園内はのどかで、古きよき時代の佐賀平野が息づいています。ヘラブナが放流されていて釣りも楽しめます。

【アクセス】
◎JR「神埼」駅から2.7km。
◎JR「神埼」駅から「佐賀行き」のバスに乗り、「大町橋」下車、80m。
【TEL】0952-44-2152
【住所】佐賀県神埼市神埼町横武横武
【料金・時間・休日】入園自由
【駐車場】あり

水車の里「遊学館」

写真出典 神埼市「水車の里・遊学館」

水車の里「遊学館」水車の里「遊学館」クリークの発達していた佐賀平野では、水力を製粉・精米などに利用していました。その水車について学べるガイダンス施設です。

【アクセス】JR「神埼」駅から4.3km。
【TEL】0952-52-1586
【住所】佐賀県神埼市神埼町的1073-1
【料金】無料
【時間】9:00〜16:00
【休日】火曜日
【駐車場】20台(無料)
【HP】水の里振興協会

伊東玄朴旧宅

写真出典 ワンコと温泉グルメ「神埼 伊東玄朴旧宅」

伊東玄朴旧宅江戸時代末期、長崎でシーボルトに学んで、蘭方医として名を残す伊東玄朴が若い頃に暮らした家です。

伊東玄朴は日本に種痘の重要さを鍋島藩主・鍋島直正に進言。鍋島直正が息子の淳一郎(のちの直大/なおひろ)に受けさせたことから広まっていき、当時死亡率の高かった天然痘から多くの人命を救いました。また、種痘を広めるために伊東玄朴が東京の神田に創設した西洋医学所は、現在の東大医学部の全身となっています。

【アクセス】
◎JR「神埼」駅から「三瀬・脊振行き」のバスに乗り、「仁比山神社前」下車すぐ。 ◎JR「神埼」駅から5km。
【TEL】0952-44-2731(神埼市教育委員会社会教育課)
【住所】佐賀県神埼市神埼町仁比山
【料金】無料
【時間】9:00〜17:00
【休日】月・水・金曜(事前予約の場合は開館/5月と11月の九年庵公開期間中は無休。)
【駐車場】仁比山公園駐車場を利用(無料)

九年庵(くねんあん)

写真出典 wikipedia「九年庵」

九年庵佐賀の実業家、伊丹弥太郎の別荘です。 別荘は茶室と書院の様式を折衷した数奇屋建築で、屋根は葦葺き、土壁に竹格子の小窓がついて、雰囲気があります。
庭園は広く、緑色の苔がじゅうたんのように敷き詰められ、四季折々の花が咲き誇ります。とくに秋の紅葉は見事です。

【アクセス】JR「神埼」駅から5km。
【TEL】0952-37-0107(神埼市商工観光課)
【住所】佐賀県神埼市神埼町的1696
【公開】一般公開は春の新緑の時期と秋の紅葉の時期のみ。公式サイトで要確認。
【駐車場】一般公開期間には、臨時駐車場を整備。
【HP】神埼市観光協会「九年庵」

吉野ヶ里遺跡の出土品を見に行く

佐賀県立博物館・美術館

写真出典 wikipedia「佐賀県立博物館」

佐賀県立博物館吉野ヶ里遺跡からは人骨が入った甕棺、銅剣などの青銅器、石包丁、鉄製の農具、石の鏃(やじり)、土器などが出土しました。そのうち石器に関しては、吉野ケ里公園の展示室にも本物が多数ありますが、人骨は長崎大学医学部に保管され、青銅器や土器の多くは佐賀県立博物館に収蔵されています。
古代史に興味がある方は、ぜひ立ち寄ってみるとよいでしょう。そのほか、有明海で使われた漁労用具なども見ることができます。
なお、隣接する県立美術館とは兄弟館となっています。美術館では近・現代の絵画・彫刻・工芸等を収集、展示しています。

佐賀県立博物館吉野ヶ里遺跡から出土したものの多くは佐賀県立博物館に収蔵されています。
興味がある方は立ち寄ってみるとよいでしょう。有明海で使われた漁労用具なども、見ることができます。
なお、隣接する県立美術館では近・現代の絵画・彫刻・工芸等を収集、展示しています。

【アクセス】
◎JR「佐賀」駅から2.2km。
◎吉野ヶ里歴史公園から13km。
【TEL】0952-24-3947
【住所】佐賀県佐賀市城内1-15-23
【料金】無料(企画展は除く)
【時間】9:30〜18:00
【休日】月曜日 (祝日の場合は翌日)、12月29日〜31日、その他臨時休館あり。
【HP】佐賀県立博物館・美術館

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

吉野ヶ里歴史公園  櫛田宮  横武クリーク公園  水車の里「遊学館」  伊東玄朴旧宅  九年庵  佐賀県立博物館・美術館  

「風の旅」のトップページへもどる 「佐賀観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 佐賀観光 風の旅 > 古代へのロマンを秘めた吉野ヶ里遺跡

風の旅 大分観光風の旅