東京駅はいわば東京都の「中央駅」。周辺の丸の内や大手町には高層ビルが立ち並び、周辺で働く東京のOLや有閑マダムのための高級ショップやレストランが丸ビルや新丸ビルなどの大型商業ビルに集まっています。また、日本橋周辺には日本で最も格式が高い百貨店とされる三越と高島屋があり、その品揃えとクオリティ感はさすがです。東京駅から歩ける距離に、皇居もあります。外苑は公開されており、中を散策できます。

【東京駅への行き方】

◎羽田空港から:モノレールで浜松町駅まで行き、JR山手線に乗る。東京方面行きでも渋谷・新宿方面行きでも所要時間は同じくらい(約1時間)。
◎新宿駅から:JR中央線(快速)東京方面行きに乗り、一本(約15分)。
※ほかにもさまざまな行き方があります。

▼地図は一番下にあります。

旅の出発点、東京駅を楽しむ

東京駅

東京駅赤レンガビル東京駅の一番の観光名所は、なんと言っても、東京駅そのもの。戦災で焼け落ちる前の姿に復元された赤レンガの建物が印象的です。復元されたのは1914(大正3)年に完成した駅舎。時の鉄道院総裁の後藤新平が「世間をあっと驚かせるような建物を」と建築家の辰野金吾に依頼して、ドーム状の屋根の荘重な駅ができ上がりました。
ただし、賑やかな側に向けて正面駅舎が建設されるのが普通なのに、日本橋や京橋に向けてではなく、当時は野原同然だった丸の内側に立派な赤レンガの建物が建ったことに人々は驚いたと言います。これは皇居があるからです。「赤レンガの丸の内中央口から真っ直ぐ進めば皇居」と覚えておくと、皇居に行くのに便利です。

【東京駅構内にある観光名所】

東京キャラクターストリート

東京キャラクターストリート

ハローキティ、リラックマ、ミッフィー、ウルトラマン、ムーミン、スヌーピーなどのキャラクターショップやテレビ局ショップが集まっています。

東京ラーメンストリート

東京ラーメンストリート

名店として名高いラーメン屋が、ズラリと並んでいます。バリエーション豊かなおいしいラーメンを駅構内で気軽に味わえるとあって、食事時は混み合います。

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリー

東京駅の中という最高の立地条件にある展覧会場に、すぐれた画家や写真家の作品が展示されています。アート好きの心の琴線に触れる作品が数々あります。

【アクセス】
◎東京駅赤レンガビル:JR東京駅丸の内中央口を出たところ。
◎東京キャラクターストリート:JR東京駅八重洲北口地下1階
【HP】東京キャラクターストリート
◎東京ラーメンストリート:JR東京駅八重洲南口地下1階
【HP】東京ラーメンストリート
◎東京ステーションギャラリー:JR東京駅丸の内北口に入り口あり。10:00〜18:00(金曜は20:00まで)、月曜および年末年始は休館

東京駅丸の内口でショッピング&食事を楽しむ

丸ビル

丸ビル丸ビルは2002年にオープンした丸の内のランドマーク的な建物です。地上37階地下4階の高層ビルで、高さは179m。フロアにはハイセンスなアパレルショップやレストラン、カフェ、スイーツ専門店などが集まっています。
丸ビルや新丸ビルの中はゆったりとした空間に高級ショップが点在し、短時間で品物を見てまわるのには適さないと思いますが、東京のOLが集まる先進的なショピングスポットの空気感を感じ取ることができます。

【アクセス】JR東京駅丸の内中央口を出て、ロータリーを渡る。
【TEL】03-5218-5100(丸の内コールセンター)
【住所】東京都千代田区丸の内2-4-
【時間】
ショップ 11:00〜21:00(日曜・祝日は20:00まで)
レストラン11:00〜23:00(日曜・祝日は22:00まで)
※営業時間は店により異なります。
【休日】1月1日
【HP】丸ビル

新丸ビル

新丸ビル新丸ビルは2007年にオープンした丸ビルの姉妹ビルです。地上38階地下4階の高層ビルで、高さは197.6m。フロアには丸ビルと同様、高感度なアパレルショップやおいしいレストラン、カフェ、スイーツ専門店などが集まっています。

【アクセス】JR東京駅丸の内中央口を出て、ロータリーを渡る。
【TEL】03-5218-5100(丸の内コールセンター)
【住所】東京都千代田区丸の内1-5-1-
【時間】
ショップ 11:00〜21:00(日曜・祝日は20:00まで)
レストラン11:00〜23:00(日曜・祝日は22:00まで)
※営業時間は店により異なります。
【休日】1月1日
【HP】新丸ビル

丸の内ブリックスクエア

丸の内ブリックスクエア東京駅丸の内中央口のロータリーを挟んで、正面に位置するのは丸ビル。その右側に位置するのは新丸ビル。この2カ所に続く「第3弾」としてつくられたのが、丸ビルの左側に建った丸の内ブリックスクエアです。建物内にはヨーロッパ各国から呼び寄せたスイーツの名店やおいしいレストラン、ハイセンスな衣料品、小物などのショップが入っています。

【アクセス】JR東京駅丸の内中央口を出てロータリーを渡る。位置は、三菱一号館美術館の裏。
【TEL】03-5218-5100(丸の内コールセンター)
【住所】東京都千代田区丸の内2-6-1-
【時間】
ショップ 11:00〜21:00(日曜・祝日は20:00まで)
レストラン11:00〜23:00(日曜・祝日は22:00まで)
※営業時間は店により異なります。
【休日】1月1日
【HP】丸の内ブリックスクエア

東京駅・日本橋駅周辺の百貨店でショッピングを楽しむ

日本橋三越本店

日本橋三越本店正面口日本橋三越本店のライオン三越は、江戸時代前期にあたる1673(延宝元)年、 伊勢商人の三井高利が現在の日本橋に呉服店の「越後屋」(ゑちごや)を開いたのに始まる、歴史のある百貨店です。その本店である日本橋三越本店は、売られている品物も衣料品や装飾品から惣菜やスイーツに至るまで高級品が中心となっており、店内には名店らしい風格が漂っています。この店で買い物をするステイタス感は、特別なものがあります。
なお、正面入り口と逆側のライオン口にあるライオンは、三越のシンボルとして有名です。

【アクセス】
◎JR東京駅日本橋口から700m。
◎JR東京駅から山手線か京浜東北線で神田駅まで行く。地下鉄銀座線に乗り換えて三越前下車すぐ(約8分)。
◎JR東京駅から地下鉄丸の内線で大手町へ出る。地下鉄半蔵門線に乗り換えて三越前下車すぐ(約10分)。
【TEL】03-3241-3311
【住所】東京都中央区日本橋室町1-4-1
【時間】
一般フロア 10:30〜19:30
レストラン 11:00〜22:00
【HP】日本橋三越本店

日本橋高島屋

日本橋高島屋日本橋高島屋入り口高島屋は江戸時代中期の1831(天保2)年、近江商人の飯田新七が京都烏丸松原で、古着・木綿商「たかしまや」を創業したのに始まる百貨店です。その東京本店が日本橋高島屋であり、近くにある三越とともに高級老舗百貨店が2店あることで、日本橋をショッピングの街としています。売られている品物は世界の高級品、和の伝統品などであり、レストランやデパ地下の食材も充実しています。

【アクセス】
◎JR東京駅八重洲北口から400m。
◎JR東京駅から山手線か京浜東北線で神田駅まで行く。地下鉄銀座線に乗り換えて日本橋下車(約10分)。
【TEL】03-3211‐4111
【住所】東京都中央区日本橋2-4-1
【時間】
一般フロア 10:30〜19:30
レストラン 11:00〜21:30
【HP】日本橋高島屋

大丸東京店

大丸東京店大丸東京店は、東京駅八重洲口の北口にあるデパートです。レディース、メンズ、キッズともに高級ブランド品からカジュアル品まで幅広い品ぞろえです。駅からすぐの立地にあり、お土産品を選ぶのにも便利です。

【アクセス】JR東京駅丸の内中央口を出て、ロータリーを渡る。
【TEL】03-3212-8011
【住所】東京都千代田区丸の内1-9-1-
【時間】
ショップ 10:00〜20:00または21:00(店により異なる。)
レストラン12階 11:00〜23:00
レストラン13階 11:00〜24:00
【HP】大丸東京店

東京駅周辺の古い時代の建物

三菱一号館美術館

三菱一号館美術館三菱一号館美術館は丸の内ブリックスクエアに隣接する美術館です。元々明治・大正時代の建物であった丸ビル・新丸ビル・丸の内ブリックスクエア周辺を三菱地所が再開発した際、その一環として建設したものですが、明治時代の建物が復元され、大正時代の東京駅赤レンガ駅舎と向かい合い、古きよき時代の情緒をかもし出しています。
展示内容も充実し、日本と世界の名画を鑑賞することができます。また、古い銀行の営業室を復元したミュージアムカフェは雰囲気がよく、これだけでも行く価値ありです。

【アクセス】JR東京駅丸の内中央口を出て、ロータリーを渡る。
【TEL】03-5777-8600
【住所】東京都千代田区丸の内2-6-2-
【時間】10:00〜18:00(展覧会会期中の最終週平日は20:00まで/入館は30分前まで)
【休日】月曜(祝日等の場合は開館)、年末、元旦、展示替え期間
※臨時の開館・休館の場合あり
【HP】三菱一号館美術館

明治生命館

明治生命館明治生命館は1934(昭和9)年に竣工した建物で、西洋の古典主義の流れを引く建物です。終戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)に接収され、米・英・中・ソの4カ国代表による対日理事会(ACJ)の会場として使用され、日本の戦前・戦後の姿を見てきた建物でもあります。そして、1997(平成9)年、昭和の建造物としては初めて重要文化財の指定を受け、現在に至っています。外から外観を見るだけでなく、内部も一部公開されています。

【アクセス】JR東京駅丸の内南口から550m。
【TEL】03-3283-9252
【住所】東京都千代田区丸の内2-1-1
【時間】
土・日曜 11:00〜17:00
水・木・金曜 16:30〜19:30
【休日】月・火、12月31日〜1月3日
【HP】明治生命館 一般公開のご案内

東京駅近くの大書店へ行く

八重洲ブックセンター

八重洲ブックセンター八重洲ブックセンターはJR東京駅近くに立つ東京都でも最大級の書店です。東京という場所柄からビジネス、政治、経済を中心に、学術書、文学、歴史、教育、観光ガイド、児童書など、あらゆる分野をカバーしています。本好きなら、一度は行ってみたい書店です。

【アクセス】JR東京駅八重洲南口から250m。
【TEL】03-3281-1811
【住所】東京都中央区八重洲2-5-1
【時間】
月曜日〜金曜日 10:00〜21:00
土・日・祝 10:00〜20:00
【HP】八重洲ブックセンター

天皇の御所を間近に仰ぐ広場へ

皇居外苑

皇居外苑皇居外苑は皇居前広場の一部で、一般開放されています。「皇居の顔」とも言われる二重橋と2000本のクロマツ、緑の芝生が織りなす景色が美しい国民広場です。
皇居は、江戸時代には徳川家の居城で、この近辺には有力な譜代大名や老中など幕府の重臣の屋敷が置かれていました。現在では誰もが自由に散策できる場所として、開放されています。1月2日および12月23日の天皇誕生日に催される一般参賀に際しては、皇居外苑から二重橋を渡って皇居内に入り、新宮殿にて天皇のご挨拶を受けることになります。
なお、皇居の一部を観覧できる一般参観が開催されています。事前に宮内庁への申し込みが必要で、希望日の20日前からの受け付けとなります。
参観案内(宮内庁)

【アクセス】
◎JR東京駅丸の内中央口から450m。
◎JR東京駅から地下鉄丸ノ内線で大手町駅下車、D2出口すぐ。
※地下鉄千代田線二重橋駅、地下鉄日比谷線日比谷駅からも間近です。
【TEL】03-3213-0095(皇居外苑管理事務所)
【時間】常時開放
【休日】無休(特別警備のため、利用が規制される場合あり。)
【HP】皇居外苑

★下のポイント名をクリックすると、地図の中央に表示されます。★

東京駅  丸ビル  新丸ビル  丸の内ブリックスクエア  日本橋三越本店  日本橋高島屋  大丸東京店  三菱一号館美術館  明治生命館  八重洲ブックセンター  皇居外苑  

「風の旅」のトップページへもどる 「東京観光 風の旅」のトップページへもどる
風の旅 TOP > 東京観光 風の旅 > 高級感のあるショップが集まる東京駅周辺

風の旅 東京観光風の旅